意見対立ですよ!

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

【好き嫌い】【美味しい不味い】『給食を残す子供たち』で意見対立!

【スポンサードリンク】

はじめに

子供たちが給食を残すことについて日本国民はどう考えているのかを紹介します。

 

『衛生的に問題があるケース』や『アレルギーなどの問題があるケース』は除きます。

 

『嫌いだから残すケース』や『不味いから残すケース』など好みの問題で残すケースを基本的に対象としました。

 

 

 

肯定的な声!

 

日本国民(不明)
「中学校に上がった途端、委託業者のお弁当。食中毒防止のため急激に冷やされ、見た目も悪くて、美味しくないのもわかる気がします。 ただ、あれだけの量を残すのも、たしかに問題ですね。」

 

 

 

日本国民(男性)
「今の小学校給食って弁当屋からデリバリーしてるとこ多いのね……不味いとかで残すって小学生の気持ちもわかるわ。」

 

 

 

日本国民(男性)
「学校給食ってどこも同じもの食べてるわけじゃないでしょ。会社の仕出しだってそうだよ。給食だから残すなっていう考えがおかしいわ。原料の調達はどうしてるのよ。全部同じ味じゃないのに給食だからもったいないとかずれてるわ。」

 

 

 

日本国民(女性)
「給食って楽しいものなの?テレビでそう言ってたけど苦痛にしかならなかった私からすればそれさえ無ければ学校好きなのに…って感じだった。そりゃ、残していいなんてことはないけど強要して学校が嫌いになるよりかは多少残すくらいいいんじゃないのかな。私は好き嫌いで残したことないし。」

 

 

 

日本国民(不明)
「大体この飽食の時代、給食指導必要ですか?それぞれが食べたいものを食べればいいのでは?残すなと指導すると責められる先生たちがかわいそう。残してほしくないならおいしいものを作ればいい。子供が食べたいと思わない味なら残されて当然!」

 

 

 

日本国民(男性)
「大人でも食べれない時は残す!!」

 

 

 

否定的な声!

 

日本国民(女性)
「給食残すことに抵抗ない子はいっぱいいるなーって思ったことはある。躊躇なくバケツにザバーって入れちゃうんだよね。男子も女子も関係なく。」

 

 

 

日本国民(男性)
「時代は変わったってみんな言うけどさ、「冷めてるごはん不味いから残す」という子どもになんで世間様が合わせなきゃいけないのかがわからん。」

 

 

 

日本国民(女性)
「冷たくてまずいはただの甘やかしだと思うんだよな〜給食費払ってるけど栄養はちゃんと入ってるじゃない」

 

 

 

日本国民(男性)
「給食を不味いって残すなんて今の子達は幼少時から美味い物食ってんだなー。舌が肥えてるのかなぁ。寂しいねぇ」

 

 

 

日本国民(男性)
「半分以上給食残すなんて有り得ないなー。食べ物への感謝も薄れるわけだ。」

 

 

 

日本国民(男性)
「あの脱脂粉乳の不味さを思えば今の給食を残すのは考えられないです。」

 

 

 

日本国民(男性)
「給食を平気で残す。 そんなの家庭の躾が原因だろ。」

 

 

 

日本国民(男性)
「何かしらの事情があるなら仕方ないかもだけど、給食残すってやばいよね」

 

 

 

日本国民(男性)
「普通の給食で食べられないほど不味いってのが想像できない。しかも食べたら吐くってことも理解できない。残すことは肯定されることではないと思うけど、自分がその立場ならまた変わるのかな?」

 

 

 

日本国民(男性)
「自分の子どもの頃、給食残すとか、考えもせんかったと思うけどなー。」

 

 

 

日本国民(不明)
「。「まずい」や「味が薄い」という前に、食べなさい。しかし、異物混入は食べてはいけません。」

 

 

 

日本国民(男性)
「これだけ飽食の時代、家で美味しいモノを食べて好き嫌いも平気で言える時代給食指導は大変。嫌いだと残すどころか捨ててしまうこどももいる。給食費安いんだから親にとっては給食があるだけでありがたいと思え 」

 

 

 

日本国民(不明)
「給食はアレルギーなら残すしかないと思うけど、好き嫌いなら食べさせた方がいいと思うな。 大人になった付き合いもある。好き嫌いだらけって見ていて引きます。営業さんで取引先と食事してグリンピースほじほじする? 人生好きにさせろって言うならそれまでですがね。 あくまで「私は」の意見。」

 

 

 

最後に

好みで給食を残すことについては否定的な意見が多かったですが、一方で肯定的な意見も結構ありました。

 

また、学校給食の問題点として『本当に美味しくないところがある』『食べる時間がない』と指摘する声も。

 

私は今でも給食が出ればなぁと思うほど給食が好きで、当時から残すということはしませんでした。

 

美味しく食べれていたのでそういう状況だったと思うので、実際に美味しくないという給食は興味があり、食べてみたいと思いました。