意見対立ですよ!

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

【神奈川県横浜市】『父親の死体遺棄事件』で意見対立!

【スポンサードリンク】

はじめに

【概説】

  1. 神奈川横浜市のとあるマンションの一室から
  2. ある家族の父親の死体が見つかった

 

 

【発見の経緯】

  1. 何らかの経緯でマンション管理会社が異臭に気づく
  2. 管理会社が警察に通報
  3. 警察がマンションを訪れる
  4. 布団の横に横たわる遺体が見つかる

 

 

【遺体状況】

  • 目立った外傷はない
  • 死後1ヶ月は経過

 

 

【逮捕】

  • 死体遺棄容疑で60歳の妻、34歳と29歳の娘を逮捕

 

 

【供述】

  • 容疑者は「わからない」「今は話したくない」などと話している

 

 

【家庭の事情】

  1. 何らかの事情から父親は退職金を隠し、家庭内トラブルに発展
  2. 妻は家庭内トラブルになっていると警察に相談
  3. 父親は妻からは殴打され、娘からは羽交い絞めにされていると警察に話す
  4. その後、本人の意思かは不明だが警察に対して「退職金の半分を渡し暴力もなくなった」と連絡

 

 

 

日本国民の声!

この事件に対する日本国民の反応です。

 

日本国民1号(女性)
「背景がわからないが 切ない・・・。」

 

 

 

日本国民2号(不明)
「普段からATM扱いされてたとしたらなんて悲しい人生なんだよコレ」

 

 

 

日本国民3号(男性)
「女性という生き物は男性をATM扱いしたり1番残酷な生き物なのかもしれない・・。女性ばかりで男性1人という家の実態は激烈な過酷さなのかもしれない。」

 

 

 

日本国民4号(男性)
「この家族は父親をATMとしか思ってなかったんだろな。小出しにしようと思っても殺されて遺産として奪われる。」

 

 

 

日本国民5号(男性)
「全財産奪って離婚しようとしたとか、退職金を渡さない重大な理由があったのではないかと考えてしまう。」

 

 

 

日本国民6号>(女性)
「最近こんなんばっかり😱😱」

 

 

 

日本国民7号(男性)
「女性による男性へのDVが隠れて大きな問題になってるとは聞いていた。実感はなかったけどこれほどまでとは・・。」

 

 

 

日本国民8号(男性)
大和撫子なんて呼べる日本人女性はもういないと考えた方がいいんだろう。」

 

 

 

日本国民9号(男性)
「拳で会話する女か。」

 

 

 

日本国民10号(男性)
「こんな家族のために40年間働いた退職金を渡したくないと思っても一体誰が責められる?簡単に手が出る女性達。暴言は日常茶飯事だったかもしれないな。」

 

 

 

日本国民11号(女性)
「奥さんと娘二人で殺すってどういうことなんだろ??? 恐ろしい😱」

 

 

 

日本国民12号(男性)
「男性の結婚離れ、恋人離れが進行してる理由が分かる事例。」

 

 

 

日本国民13号(不明)
「所詮女なんてこんなもんだ。 死ねと思ってる人多いもん。 うちも母と姉がそうだった。」

 

 

 

日本国民14号(男性)
「日本ではこういう家庭は実は多いのでは?」

 

 

 

日本国民15号(男性)
「過酷な労働で帰ってくる家がこれか・・・。男は生きにくい世の中だ」

 

 

 

日本国民16号(不明)
「何のために生きた人生だったんだろう・・・・。」

 

 

 

日本国民17号(男性)
「ヒステリーといい暴力といい日本の女性はどうなってるんだ?男に挑戦するなら挑戦してこい!返り討ちにしてやるぞボケェッ!!!」

 

 

 

日本国民18号(不明)
「詳しい経緯は判らないけど この父親の人生何だったんだろう。」

 

 

 

日本国民19号(男性)
「なんか最近…身内同士のこういうトラブル多いよね」

 

 

 

日本国民20号(女性)
「パパ四面楚歌だったんだ。」

 

 

 

日本国民21号(男性)
「男性ばかりの家族よりも女性ばかりの家族の方が大変なのかもしれないと考えを改めた。」

 

 

 

日本国民22号(男性)
「ほんまにようわからん世の中になったもんやなぁ〜😳😳😳 気ぃ抜いて寝てもいられへんな…」

 

 

 

日本国民23号(男性)
「1人1人もっと自制心が必要だと思う。それがあれば暴力なんて起こさないだろう」

 

 

 

日本国民24号(男性)
「一部の例外だと思いたいけど、どうしても日本の家族関係も劣化が進行していると思えてならないね。」

 

 

 

日本国民25号(男性)
「うううう…。」

 

 

 

最後に

死亡の原因が家族にあるかは不明ですが、父親への扱いから批判的な声が多かったです。

問題の解決策に暴力を選択することは認められません。