意見対立ですよ!

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

【公立小中学校】『夏休みの期間短縮』で意見対立!

【スポンサードリンク】

はじめに

静岡県吉田町教育委員会』が教育改革として『公立小中学校』の『夏休み期間』の『大幅短縮』を目指しています。

 

 

【目的】

  1. 学校には教員の多忙という全国共通の課題が存在している
  2. 多忙故に物理的に授業の準備時間の確保が不十分
  3. 静岡県吉田町教育委員会は夏休みを減らすことで授業日数を増やし、1日当たりの授業時間を減らしたい
  4. これにより授業の準備時間を確保し、質の高い授業を提供することが目的

 

 

【吉田町教育委員会の検討】

  • 2018年度の夏休みの期間短縮を検討
  • 検討内容:2017年度『24日』→2018年度『16日程度』
  • 1日当たりの授業時間をどの程度減らすのかは現在不明

 

 

 

肯定的な声!

吉田町教育委員会の取り組みに関わらず、夏休み期間が短縮されることについて日本国民はどう考えているのでしょうか。

 

日本国民の反応です!

 

 

日本国民(女性)
「夏休みって子供はダラダラ暇にしてることも実際多いですよね。」

 

 

 

日本国民(男性)
「授業時間をどれくらい短縮するかにもよると思います。その時間によっては先生にも少しは余裕が生まれれば・・。」

 

 

 

日本国民(女性)
「うちの子らも夏休み長すぎて学校あった方がいいって言ってた。私が働いてて平日は家にいないし、夏休みは昼ごはんの面倒が増えるだけだった。」

 

 

 

日本国民(男性)
「早く帰れるようになるなら個人的には夏休み短縮されてもいいと思う。ただ、短縮時間にもよる。最低でも1時間は短縮して欲しい。」

 

 

 

日本国民(女性)
「近くの地域だけど、周辺では羨ましいという声はあります。宿題無し、皆で授業できるからって(・ω・)」

 

 

 

日本国民(男性)
「教師の過酷さは大人なら経験から気づいてるはず。公務員とかにはやたら厳しい人がいるのも日本人の問題の1つ。子供子供言うのは他人事だから言えること。」

 

 

 

日本国民(女性)
「どちらかといえば喜ぶおかーさんが多い気がするけどな」

 

 

 

日本国民(男性)
「本的に夏休みも春休みも冬休みも休みが多過ぎやろ?」

 

 

 

日本国民(女性)
「夏休み短縮して毎日帰りをもう少し早くしてあげたい。 朝は6時前に起きて7時前に出発。帰宅は毎日16時過ぎで宿題や習い事してたら18時、ご飯食べてお風呂入ったらすぐ、遅くても21時には寝なさいだからあんまり遊ぶ時間ないよね。」

 

 

 

日本国民(男性)
「週休二日になった分、短縮は当然と思うが、16日というのは可哀想な気がする・・。」

 

 

 

日本国民(男性)
「教育に絡んだ仕事をしてる身からすると、短縮は賛成だなぁ。 先生の労働改革には、1日あたりの授業数減らすしかない。」

 

 

 

否定的な声!

 

日本国民(男性)
「教員がより過酷な労働状況にならないか心配。」

 

 

 

日本国民(女性)
「昔みたいに土曜日に授業があった方が仕事をしてるシングルには助かるよ。。。。」

 

 

 

日本国民(男性)
「大人側の都合ばっか書かれてて子どもが長期の連続した休みの中で得られる経験に関してなんも言われてないのウケる」

 

 

 

日本国民(男性)
「何度も言うけど、多忙化を緩和するための政策でなく、多忙化を進める政策でしかないよ。」

 

 

 

日本国民(男性)
「子どもは小さい頃は思いっきり遊ぶ時期が必要だ。この改革には反対だ!」

 

 

 

日本国民(不明)
「夏の思い出とかなくなっちゃうよ。 社会人になる前から、日本人は根詰めなくちゃいけないの? 教員の負担軽減?何言ってんの?」

 

 

 

日本国民(男性)
「先生大変なのは親見て分かるけども子供にとって夏休みは楽しくて仕方ないんだからなんか可哀想。夏は夏しか楽しめない」

 

 

 

日本国民(男性)
「エアコンがある今、たしかに夏休みの必要性は減少してるのも事実だが、そうやって子供の余裕を奪うのは、ほんとによいことかな。」

 

 

 

日本国民(男性)
「何が改革だ。笑わせるな。 削るべきは、子供の夏休みではなく、教員に課せられた『無駄な仕事の方』ではないのか?? 」

 

 

 

日本国民(男性)
「子供としては夏休み16日は辛い」

 

 

 

最後に

家庭環境や考え方によって意見はそれぞれでしょうね。

 

子供の中でもドーンと長期休み派か1日負担軽減派でも分かれるでしょう。

 

親の中でも働いている人は昼ごはんの用意が楽になるという意見もあるでしょうし、働いていない人からは子供との時間が減ってしまうという意見もあるでしょう。

 

1日にどれくらい授業時間が減るのかがわからないので何とも言えない部分もありますが、個人的には賛成です。

 

夏休みが短いからこそ計画を立て、ダラダラと過ごす時間が減り充実するかもしれません。

 

ただ、あのダラダラと過ごせる子供ならではの時間も、それはそれで貴重だとも思いますが・・。