意見対立ですよ!

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

【ガン検診】『ガンの見落としが驚く程多い可能性があり』意見対立!

【スポンサードリンク】

概説

青森で行われた調査により、ガン検診で見落とされているケースが多いことが明らかになりました。

 

【調査理由】

  1. ガンによる死亡率が12年連続全国ワースト1
  2. ガンの早期発見を目指すため

 

 

【調査内容】

  1. 青森県が県内10の町村でガン検診を受けた方を対象に追跡調査を実施
  2. 『見落としの可能性がある』を『検診で異常なしと判定されたが1年以内にガンと診断された人』と定義
  3. これに該当する人の割合を調べた

 

 

【許容範囲】

  • 専門家によれば20%の見落としは許容範囲とのこと

 

 

【調査結果】

  • 胃ガン:40%
  • 大腸ガン:42.9%
  • 子宮頸ガン:28.6%
  • 肺ガン:16.7%
  • 乳ガン:14.3%

 

 

【検査方法】

  • 胃ガン:バリウムによるX線検査
  • 大腸ガン:便に含まれた血を調査する便潜血検査
  • 子宮頸ガン:子宮入り口の細胞を調査
  • 肺ガン:不明
  • 乳ガン:不明

 

 

【結果について】

  • 調査を担当した弘前大学の松坂方士准教授「4割というのは驚きでがんによる死亡率が高い原因の1つの可能性がある。がん検診は極めて重要な対策なので、今後は受診率を上げるとともに検診の質を高めていく取り組みを進める必要がある」

 

  • 調査を実施した青森県「4割捕捉できていない事は課題として受け止めたい。今回は町村部が対象でまだサンプル数が少ないので、今後、市部も含め複数年度調査を行いがん検診の質の向上に努めたい」

 

 

 

 

 

【出典】

 

 

40%を超える数値は許容範囲の倍とかなり多く見落とされている気がします・・。

 

許容範囲が20%なのは一応の理由があるようですが、ガン検診を受けたからといっても安心はできないという事実はもっと多くの方で共有した方が良さそうです。

 

今回の結果に日本国民はどう考えているのか。

 

日本国民の反応を紹介します。

 

 

 

日本国民の声!

 

日本国民1号(男性)
「『検査』だけで終わりじゃなくて、『検査自体の検査』ってのは大事だよね。」

 

 

 

日本国民2号(不明)
「しょうがないよ。 見落としって報道するから話がおかしくなるんだよね。 コストと技術を考慮した限界ってことでしょ。」

 

 

 

日本国民3号(男性)
「検診の意義が問われる問題です。」

 

 

 

日本国民4号(男性)
「がんを4割も捕捉できないなんて検診料返せと言いたくなるな。」

 

 

 

日本国民5号(不明)
「「ちゃんとしたマニュアル(数値)が確立している」と思って任せていたのに、意外にもアバウトだった。 こういう事って、結構多いよね。」

 

 

 

日本国民6号(男性)
「えええええええええええええええ!?」

 

 

 

日本国民7号(男性)
「2割までの見落としは許容範囲らしい。。。」

 

 

 

日本国民8号(不明)
「そんなのってあり?」

 

 

 

日本国民9号(男性)
「集団検診でも見落としたら間違いなく手遅れになるのに がん見落としすぎだろ…。」

 

 

 

日本国民10号(男性)
「4割ってザルじゃないのかこれ、酷すぎるわ」

 

 

 

日本国民11号(男性)
「健診でバリウムはもう止めるべきだろう。意味ない。」

 

 

 

日本国民12号(不明)
「正直青森に限った問題じゃないとは思うけど。一般的な自治体検診だと4割見つからない可能性があるとは、対策必要だし介入余地ありそう。」

 

 

 

日本国民13号(男性)
「検査に限らず医師よりも人工知能を活用した方が遥かに良さそう。」

 

 

 

日本国民14号(男性)
胃がんを40%も見落とすって凄すぎる。青森県大丈夫か?」

 

 

 

日本国民15号(不明)
「がん見落としが4割って何を信じたら良いのかわからない。」

 

 

 

日本国民16号(男性)
「20%程度の見落としなら許容範囲てのも、それはそれでびっくりだな。」

 

 

 

日本国民17号(不明)
「でもそれでガンの死亡率が12年連続で全国最下位だとすると、検診によるガンの早期発見でかなり死亡率下がるってことだよね。検診すごいな~。」

 

 

 

日本国民18号(男性)
「いずれ人間から人工知能に代われば見落としは劇的に減るだろうな」

 

 

 

日本国民19号(不明)
「大変な思いして検査して。。。(*´◒`*)これって困る」

 

 

 

日本国民20号(不明)
「これ、検診時のバリウムX線によってがんが発生してるのですよ。がん検診を受けるとろくでないと言われる理由がよく分かる。しかも見落とし率20%までは許容っておかしいでしょ。」

 

 

 

最後に

このような取り組みが改善に向かえば良いですね。

 

低いとはいえ、全くの無意味ではなさそうですが、検査が有害と主張している方もいました。