意見対立ですよ!

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

『奈良県天理市娘殺人事件』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概説

生後5ヶ月の娘の頭部を壁にぶつけるなどの暴行の末死なせたとして、奈良県天理市櫟本町に住む父親(24歳)が傷害致死容疑で逮捕されました。

 

死因は急性硬膜下血腫による脳浮腫とのこと。

 

急性硬膜下血腫は頭部に強い衝撃を受けた場合に起こることが多く、頭蓋骨下にある『硬膜』と『くも膜』の間に出血が起きた状態を指します。

 

これに関連して脳組織の含水量が異常に増加した状態になる脳浮腫が生じたようです。

 

脳浮腫は脳が正常な場所から飛び出すという脳ヘルニアと呼ばれる状況を招くこともあり、これが死因になることがあります。

 

幼い子供の場合は強く揺さぶられただけで急性硬膜下血腫になることもあり、虐待による死因になることも多い。

 

逮捕された父親は暴行を認めた上で、「ストレスがあった」と話しているそうです。

 

加害者は妻(26歳)・長男(2歳)・長女(5ヶ月)の4人家族でした。

 

日本国民の反応です。

 

 

 

日本国民の声!

 

日本国民1号(男性)
「いたたまれない事件だな。子育てする覚悟が全くないDQNが、子供作った挙句、虐待死させるケースが多過ぎないか?」

 

 

 

日本国民2号(男性)
「赤ちゃんはおまえのストレス発散道具じゃない! 死ぬ為に生まれて来たんじゃない! 24歳にもなってヤル事やってこの結末、子供だな。 いや、猿以下のクズだ!」

 

 

 

日本国民3号(男性)
「こんな屑も死刑にできないのか〜(しみじみ」

 

 

 

日本国民4号(男性)
「ストレス解消という言い訳は通用出来たら、どいつもこいつもストレス解消で殺人しても善いという結論に至る。」

 

 

 

日本国民5号(不明)
「どうにもならないならどこかちゃんとしたとこに預けてくれよ……。」

 

 

 

日本国民6号(女性)
「よくまぁそんな子宝をゴミのようにしか見てない男が結婚して父親にまで至りましたね。 呆れたものですよ。」

 

 

 

日本国民7号(男性)
「これで懲役何年ぐらい?5年ぐらいだったら甘い」

 

 

 

日本国民8号(不明)
「我が子が可愛くないのかね。」

 

 

 

日本国民9号(女性)
「こう言う事件を目にする度に哀しくて涙出る。5ヶ月の赤ちゃんが何をしたと言うのだろう。腹が立って仕方ない。無抵抗な人に対して平気で暴力をふるえる人間の気持ちが理解出来ない。」

 

 

 

日本国民10号(男性)
「こいつにも同じようにして見たらええねん」

 

 

 

日本国民11号(女性)
「こういうニュースめっちゃイライラするわ…。」

 

 

 

日本国民12号(男性)
「精神的に幼い人間が子供を産むと悲惨なことになるんだよな。ここまでいかなくとも」

 

 

 

日本国民13号(男性)
「ひどすぎるわ。最低だな。」

 

 

 

日本国民14号(女性)
「涙出る。痛かったやろな苦しかったやろな。 このクソ親父!ストレス溜まってただ?知るかよ。そらイライラする時もあるけど子供に当たるのは違う」

 

 

 

日本国民15号(女性)
「「ストレス」で5ヶ月の娘にすることじゃない…人間じゃないよ辛いよ」

 

 

 

最後に

怒りの声が多いです。

5ヶ月の子供にはなんの非もありません。

 

子供を産むということを目的にしてはダメだと思います。

ここまでの事件にならなくても精神的に未熟すぎる人が親になり、苦労することになる子供はたくさんいます。

 

自分に本当に子育てができるのか。

よく考えなければいけませんよね。

 

ただでさえ過酷な世の中なのですから。