意見対立ですよ!

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

『高齢首長による公務以外での公用車使用』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概説

以下のような事例がありました。

  • 香川県綾川町の藤井賢町長は3年前から通院や墓参りに運転手付きの公用車を使用
  • 藤井賢町長は現在87歳と高齢で、全国でも最高齢の現職首長
  • 綾川町は「公用車の使用は公務に限られる(出典:毎日新聞)」も、「藤井町長は全国最高齢であり、普通の首長とは違う(出典:毎日新聞)」との認識。
  • 公務以外での公用車使用を始めた年齢は84歳
  • 約3年前から安全を考慮して運転をやめた
  • 役場までは公用車ではなく親族が送り迎えしている

 

高齢の首長(※行政機関の長)が通院や墓参りなどの公務以外で公用車を使用すること』に関して日本国民はどう感じているのか。

 

日本国民の反応です!

 

 

 

肯定派の声!

 

日本国民1号(男性)
有権者(綾川町民)が良しとしているなら別にいいんじゃないかと思う」

 

 

 

日本国民2号(男性)
「許してやってよ。 なんなのよ、いったい笑」

 

 

 

日本国民3号(男性)
「これくらい良いじゃねぇ〜のか?免許も返したし、事故起こさないって心を汲んでやれよ!」

 

 

 

日本国民4号(男性)
「町は「町長は全国最高齢で普通の首長とは違う」と容認。ここまで言わせる町長さすが年の功。」

 

 

 

日本国民5号(男性)
「おじいちゃんが頑張ってるのにこんなん問題視してやるなよ、、、」

 

 

 

日本国民6号(男性)
「ケースバイケースですよ。 私腹を肥やすのとは違い、自らの健康管理=公務遂行の為の対策 と考えれば、やかましく言う必要はないし 法律をそこまで 厳格化する必要はないと思う。」

 

 

 

日本国民7号(男性)
「町としても町民からも望まれる有能なら問題ないと思う。日本も昔はもっと緩かったが、なんでも厳しくしすぎて、他人にばかり厳しくて息苦しい国になっていく。政治家というのは本当に批判ばかりされる仕事である。こんなことばかりしてるとなり手がいなくなるぞ?」

 

 

 

日本国民8号(男性)
「それくらい、いいじゃあないか?別に・・・。」

 

 

 

日本国民9号(男性)
「87歳までまちの為に働いてるんだからこれくらい大目に見てもいいじゃん。」

 

 

 

日本国民10号(男性)
「まあ町民からクレームが無いならいいんじゃね? 人もモノも豊富な都会の論理を押しつける必要はないと思う。」

 

 

 

日本国民11号(男性)
「これぐらいはよくね? いい仕事してたらこれくらいはいいでしょ。健康維持だって仕事のうちだし。」

 

 

 

日本国民12号(男性)
「何が悪いの。高齢の町長さんを選んだのは町民だろう。年取ればいやでも病院に行くしこんなことで騒ぐより仕事の内容でしょう。」

 

 

 

日本国民13号(男性)
「いいんじゃないの!そのぐらい大目にみてやっても。次回はそういう必要の無い世代の人を選べばいいんだし。」

 

 

 

日本国民14号(男性)
「これはセーフやろ。公序良俗に反してない限りは、ある程度の私用も認めるべき」

 

 

 

日本国民15号(男性)
「さすがにここまで高齢になると健康や遠出のリスクを役場がマネジメントするのもリスク管理やない。」

 

 

 

否定派の声!

 

おときた駿 (東京都議会議員
「まったく望ましいことではないが、替わりがいないのだろうな…という事情も伺える。。(出典:https://twitter.com/otokita)」

 

 

 

日本国民2号(女性)
「だったら、町内の老人の交通費を無料にしろよ!カス!身内には無駄使いし放題。」

 

 

 

日本国民3号(男性)
高齢首長を当選させた町民にも責任はあるが、公用車使用は 公務だけだ。 通院はタクシー、バス、自転車、徒歩と手段はある。」

 

 

 

日本国民4号(男性)
「田舎であればある程 御都合主義がまかり通る典型やな┐( ̄ヘ ̄)┌」

 

 

 

日本国民5号(男性)
「月に80万も給料貰っとって、タクシーすら呼べへんなんてどんな金の管理の仕方しとんや。」

 

 

 

日本国民6号(男性)
「年齢が問題や無いんよね。規律を守れないなら何歳でもやめるべき。」

 

 

 

日本国民7号(男性)
高齢者なら何でも有ではない!公用が区別できない人は選挙に出るな!」

 

 

 

日本国民8号(男性)
「さっさと引退しろ、老害

 

 

 

日本国民9号(男性)
「体力上厳しいならば辞職するのが筋だろう。どうせ、生活には困らないだろ?」

 

 

 

日本国民10号(男性)
「町長の体を成していない。自ら身を引くべきだ。」

 

 

 

日本国民11号(男性)
「イヤイヤ、おかしいでしょ?公用以外なんだから、年齢に関係なく自腹でしょ?じゃなきゃ、町長辞めろ!」

 

 

 

日本国民12号(男性)
「タクシーを使えよ。町の予算っていくらだよ。公用車とか調子に乗りすぎだ。基本地方自治体の特別職は手弁当のボランティアでやれ。87歳なら年金だって貰ってるし医療費だって後期高齢者扱いされてんだろ。」

 

 

 

日本国民13号(男性)
「健康管理は自費でやって?という前に町が主張する「全国最高齢」は、「だから?」としか言えないんよなあ。」

 

 

 

日本国民14号(不明)
「いろいろと実績残してる方だけにちょっと残念…。」

 

 

 

日本国民15号(女性)
「公用車の財源がどこから出ているのか考えてから物言えや。年齢とか関係ないだろが。」

 

 

 

最後に

まさに賛否両論で、どちらの意見にも納得できる部分があると感じました。

 

高齢者の免許返納問題とも関連しているとも思いました。