意見対立ですよ!

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

【ブックオフ】『経営不振の原因』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概説

ブックオフ」などを運営するブックオフコーポレーション株式会社の3月期第2四半期(4月1日~9月30日)の連結決算を見ると、2016年は「営業損失3億5100万円」に対し、2017年は「10億9300万円」と赤字が大幅に拡大しています。

 

2017年4月10日には社長が交代する人事が発表。

 

しかし、主力の書籍販売も伸び悩む状況が続き、見通しは厳しいと言われています。

 

古本屋と言えば「ブックオフ」とも言えるほどの知名度を誇っていたが、なぜここまで業績不振になったのか。

 

日本国民の反応です!

  

日本国民の声!

 

日本国民1号(女性)
「ここに売っても数円や数十円。オークションとかフリマアプリで売る方が断然お得だもん。」

 

 

 

日本国民2号(女性)
「安く買い取り高く売る。これじゃあ売りたくもないし、買いたくもないよ・・。」

 

 

 

日本国民3号(男性)
「昔本から蛾が出てきたこともある。なんか高い割に汚いんだよ。」

 

 

 

日本国民4号(男性)
「今はAmazonとかネット販売が充実してるからな。」

 

 

 

日本国民5号(女性)
ブックオフで探したいものあったのに立ち読み客で混雑しすぎててあきらめたこと何回もあるからもったいないと思う」

 

 

 

日本国民6号(女性)
「紙の本の人気がなくなってきてるから?(。´・ω・)?」

 

 

 

日本国民7号(女性)
「買取り激安、販売高値だからでしょう」

 

 

 

日本国民8号(女性)
「中古なのに中の状態も内容も分からないんじゃ誰も買わないよねぇ。」

 

 

 

日本国民9号(男性)
「とかそりゃあの無茶苦茶な買い取りと割高な販売してりゃ売れんわ 誰でもわかるわそんなこと」

 

 

 

日本国民10号(男性)
ブックオフのネット版で探しても1度も在庫があったことがないから見なくなった。」

 

 

 

日本国民11号(女性)
ブックオフは業態が死んでるから、何をうまく工夫したとしても焼け石に水」

 

 

 

日本国民12号(男性)
「中古なのに新品と変わらない値段で売ってるからなぁ。それなら新品買うわ。」

 

 

 

日本国民13号(男性)
BOOKOFFがんばってほしいなぁ…おれの脳みそここまで育ててくれたの半分以上BOOKOFFだと思うから」

 

 

 

日本国民14号(男性)
「店舗販売の限界。在庫が少なすぎるし、何件探しても見つからないことが多い。結局時間は掛かるけどネットがいつものパターン。」

 

 

 

日本国民15号(男性)
ブックオフが街の古本屋を潰し、そのブックオフがその側にまわったか。これも弱肉強食の世界。」

 

 

 

日本国民16号(男性)
「ネットより店舗の方が早く買えるから買いたいんだけど、全然置いてないしおまけに高くて不潔。」

 

 

 

日本国民17号(不明)
ブックオフには売るぐらいなら燃やせという画太郎先生の教えがあるから・・・。」

 

 

 

日本国民18号(男性)
「つぶれたら、困る!!がんばって!!」

 

 

 

日本国民19号(男性)
「あんなに安く本を買い叩いてるのにおかしいな。」

 

 

 

日本国民20号(男性)
Amazonに出品すれば最大手になれる気がするけど。」

 

 

 

日本国民21号(女性)
「安いのもあるけど、買いたいのは高い。安くない中古本を買いたくなんてならないよ。」

 

 

 

日本国民22号(男性)
ブックオフ最近品揃え酷いからね」

 

 

 

日本国民23号(男性)
「素人でもオクで高く売れる安く買えるという現実を見直さないと。中古なのに安くない。」

 

 

 

日本国民24号(男性)
「本もCDも全体的に売れなくなったらブックオフが成り立たなくなるの当たり前だよな」

 

 

 

日本国民25号(男性)
「買取も売値も値段設定考えた方がいいのでは?」

 

 

 

日本国民26号(女性)
「よくお世話になってるから縮小とか嫌だよ。 マンガめっちゃ買うのに。」

 

 

 

日本国民27号(女性)
「今はネットで売った方が高くつくけど、ブックオフなくなったら地味に困る。」

 

 

 

日本国民28号(男性)
「もうネットには敵わない。店舗廃止して買取センターだけ作り、ネット販売に注力するとか。」

 

 

 

日本国民29号(男性)
ブックオフで育ったというか、好きな人は多いと思うけどねぇ。」

 

 

 

日本国民30号(男性)
「個人間売買が簡単に出来るようになった現在、こんな人の足元見たような商売はもう無理だよね。」

 

 

 

最後に

買取価格が安く、売値が高いという声が多いです。

 

また、そもそも本が売れなくなっていることを指摘する声、電子書籍の登場の影響を指摘する声も。

 

更に、Amazonやオークション、フリマアプリなど、ネットを活用した個人間売買の促進が大きな要因という声があります。

 

ただ、送料が掛からない事、発送期間が掛からない事、内容を確認できる事など、店舗販売としての強みもあるとは思います。

 

とはいえ、やはりネットは便利ですからね。

 

商品を探す時間も短いですし、在庫がなくて何店舗もまわるということも不要。

 

ブックオフからすれば、かなり強敵だと思いますが、応援する声もありますからね。