意見対立ですよ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

【桜花賞】【2016・2017年】『2年連続で1倍台を飛ばしたC・ルメール騎手』で意見対立!

競馬

【スポンサードリンク】

概説

2017年・桜花賞が終わりましたが、C・ルメール騎手への批判の声、擁護の声が出ています。

 

「2016年はメジャーエンブレム(1.5倍)」

「2017年はソウルスターリング(1.4倍)」

 

どちらも圧倒的な1番人気に支持されながらも・・・。

 

「2016年メジャーエンブレム(4着)」

「2017年ソウルスターリング(3着)」

 

善戦するも、敗北してしまいました。

 

競馬は馬あっての事ですし、敗北はしょうがない部分もあります。

また、敗北の原因が騎乗なのか、冷静に判断する必要もあるでしょう。

 

ただ、現在ルメール騎手には日本のトップホースが集まる状況にあります。

このような状況にありながら結果が出ない場合、騎手が批判の対象になることはよくあることです。

 

2連連続結果が出なかった、C・ルメール騎手への日本国民の声です!

 

 

 

批判派の声!

 

日本国民1号
「安心と信頼のデムーロ。不安と裏切りのルメール。」

 

 

日本国民2号
「この馬がここで負けるなんて誰にも想像できなかった。力は確実に抜けてる。」

 

 

日本国民3号
「臨戦過程でどれだけやれたかがGⅠでは出るのかもしれない。強い馬なので、ただ楽に乗っていただけのような気がする。」

 

 

日本国民4号
ルメールはほんとここ1番で弱いわ。もっと強気に乗れよ強気に。」

 

 

日本国民5号
「昨年の桜花賞でも超1強人気で勝てなかったルメール!日本人騎手ならクビ?ですよね!?」

 

 

日本国民6号
「それにしても、ルメールはド本命をよく飛ばす。」

 

 

日本国民7号
ルメールやったなお前。。」

 

 

日本国民8号
ルメールはGⅠでは余程抜けてない限り切っていいと確信した。」

 

 

日本国民9号
ルメール2年連続1番人気を飛ばすとか笑 ぶっちぎりの人気なのに」

 

 

日本国民10号
「ミルコが話してたけどルメールはメンタルが弱い。不安や緊張は馬に伝わると、数多くのジョッキーが証言してるし、ルメールに強い馬を集めるのはどうかと思う。」

 

 

日本国民11号
ルメール勝負弱すぎ。過剰評価は騎手の方。」

 

 

日本国民12号
ルメールはもう桜花賞乗らないほうがいいよ。2年連続なにやってんだ」

 

 

日本国民13号
「春のルメールはもう絶対に!信じない!!」

 

 

日本国民14号
ルメールは仕掛けが遅すぎる。去年のダービーもそれで負けたし」

 

 

日本国民15号
ルメールふざけてんのか?ソウルスターリングの勲章を一つ奪い取ったんやぞ貴様は!ふざけるな!」

 

 

日本国民16号
「位置取り後ろすぎだろ!案の定負けた。」

 

 

日本国民17号
ルメールはプレッシャーに弱い。勝った池添、天才武豊、勝負師ミルコとはそこが違う。」

 

 

日本国民18号
「もっと日本人に馬まわしてもいいんじゃねぇか!?全然ダメじゃねぇかよオイ!」

 

 

日本国民19号
「負けても負けても最強馬がまわってくる不思議。サトノもダービー勝てただろあれ。」

 

 

日本国民20号
「騎手が逆なら勝ってたな。日本人ならとっくに干されてる。」

 

 

 

擁護派の声!

 

日本国民1号
「馬が弱いから負けた。ただそれだけのこと。」

 

 

日本国民2号
「結果が出なかっただけで、頑張った・・。」

 

 

日本国民3号
「よく言われるけど、強い馬を力通り勝たせるのって実は難しいことなんだよね。」

 

 

日本国民4号
「これも競馬です。競馬に絶対はない。」

 

 

日本国民5号
「これが現状の力だったということ。ただそれだけの話。」

 

 

日本国民6号
ルメールは道悪を敗因に挙げてるみたいだし、得意な条件じゃなかったんでしょう。」

 

 

日本国民7号
「しょうがない。こういうこともあるさ。」

 

 

日本国民8号
「馬券で泣いた人は多かったでしょうが、これもまた競馬です。」

 

 

日本国民9号
「負ける訳がないと冷静さを欠いた時点で馬券勝負に負けてたんだよ。」

 

 

日本国民10号
ルメールは悪くない。悪いのは馬券が下手なお前らだ!」

 

 

日本国民11号
「馬券内に来ただけでもマシ。」

 

 

日本国民12号
「馬場が敗因と言ってるんだから、しょうがないだろ。」

 

 

 

最後に

安藤勝己元騎手は次のように主張しています。

「勝敗を分けたのは馬場。ソウルスターリングはスタートしてサッとポジション取るのが持ち味なのに、初めてあんまにモタモタした。道中リスグラシューと変わらない位置からだと持ち味出ない。」

(出典:https://twitter.com/andokatsumi

 

 馬場が影響してか、位置取りが良くなかったという見解です。