意見対立ですよ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

『カウントダウンTVで舞祭組が歌う道しるべ』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概説

2017年3月30日に『カウントダウンTVスペシャル 卒業ソング音楽祭2017』が生放送されました。

番組にはジャニーズJr所属の男性アイドルグループ「舞祭組」が「道しるべ」という曲を披露。

しかし、ソロの部分などで音程が外れてしまい、日本国民の間では様々な反応が出ています。

日本国民の反応をご覧下さい!ビシッ

 

 

日本国民の声!

 

日本国民1号
「舞祭組の1人めっちゃ音痴なんだけどなんか好きや(笑)」

 

 

 

日本国民2号
「舞祭組ひどすぎ(笑)」

 

 

 

日本国民3号
「笑った(笑)」

 

 

 

日本国民4号
「舞祭組の放送事故やん!」

 

 

 

日本国民5号
「人のこと言えんけど下手(笑)」

 

 

 

日本国民6号
「放送事故?音程がめちゃくちゃズレてたけど!?」

 

 

 

日本国民7号
「音痴過ぎて笑った(笑)」

 

 

 

日本国民8号
「舞祭組最高だったぞ!」

 

 

 

日本国民9号
「舞祭組ってほんとにかっこいい」

 

 

 

日本国民10号
「ここまで音程外れてるのテレビで聞いたことねぇわ(笑)」

 

 

 

日本国民11号
「たぶんめちゃ緊張してたね・・。でもカッコヨカッタよ!」

 

 

 

日本国民12号
「泣いちゃったよ!まだ震えてる!」

 

 

 

日本国民13号
「ファンには悪いけど下手だった。」

 

 

 

日本国民14号
これは放送事故と言ってもいいだろう。」

 

 

 

日本国民15号
「歌唱力を売りにしてないってことかな?」

 

 

 

日本国民16号
「ファンて訳じゃないけど大丈夫!?って応援する気持ちになった(笑)」

 

 

 

日本国民17号
「舞祭組感動したよ!最高!最高!最高!」

 

 

 

日本国民18号
「確かに下手だった。でも自分たちの声で、逃げずに歌ったのはカッコイイぜ!」

 

 

 

日本国民19号
「めちゃくちゃ下手だった(笑)下手くそ~」

 

 

 

日本国民20号
「ファンには怒られそうですが、歌唱力なさすぎ・・。」

 

 

 

日本国民21号
「ソロの所が酷かった。放送事故になるんじゃないかと冷や冷やしたよ。」

 

 

 

日本国民22号
「なんで舞祭組って嫌いになれないんだろう。なんか好感持てる。フィーリングで好き。」

 

 

 

日本国民23号
「舞祭組はキャラ的に音程外しても問題なさそう(笑)」

 

 

 

日本国民24号
「ごめん、あんまTVみてあんま悪く言わんのんやけど舞祭組のソロのとこで爆笑してしまった(笑)ファンの人ごめんなさい」

 

 

 

日本国民25号
「舞祭組の歌唱力。」

 

 

 

日本国民26号
「あれで凄く良かったってファンは言ってるから放送事故ではないってことか?」

 

 

 

日本国民27号
「舞祭組さんわりと最後のところ音痴っぷりはんぱなかったっすよ」

 

 

 

日本国民28号
「いつも通りの舞祭組でした! 普通にかっこいいのになぜか笑いが止まらなくなってしまいました。」

 

 

 

日本国民29号
「そういうグループなのか?」

 

 

 

日本国民30号
「だいすき!お疲れ!」

 

 

 

日本国民31号
「音程の外し方やばいだろ(笑)」

 

 

 

日本国民32号
「舞祭組の声やっぱり聞き間違えじゃなかった。放送事故かと思ったわ」

 

 

 

日本国民33号
「舞祭組ってなんなん。 めっちゃおもろいやん。 好感もてまくりや。 ファンなった。」

 

 

 

日本国民34号
「一生懸命な舞祭組が好きや。 音痴でもズレてても そんな舞祭組が好きだわ~~。」

 

 

 

日本国民35号
「見れなかった!そんなに酷かったのか・・。」

 

 

 

日本国民36号
「一人が特に音痴だったけど、口パクにはしないんだな。」

 

 

 

日本国民37号
「本当に本当にかっこよかった。 舞祭組ちゃんたちに涙。」

 

 

 

日本国民38号
「あんなとこで歌ったら私ならめちゃくちゃ緊張するわ!」

 

 

 

日本国民39号
「ファンには言えないけど酷かったなぁ・・。」

 

 

 

日本国民40号
「舞祭組はじめて見たけどすごい応援したくなった」

 

 

最後に

「酷かった」などの声も多かったですが、「カッコイイ」「応援したくなった」という声もありました。