意見対立ですよ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

【安倍昭恵夫人】寄付金騒動で反省も、普通の主婦強調

【スポンサードリンク】

概説

2017年3月24日。

相変わらず安倍昭恵夫人に関する寄付金騒動などの対応に、朝から晩まで追われている安倍首相。

当の昭恵夫人は福岡県北九州市で講演を行いました。

 

昭恵夫人は講演の冒頭で涙ぐみながら「メディアに追っかけられなくてはいけないんだとか」「本当に私は普通の主婦で、普通の女性」「それで主人の為に、国の為にと一生懸命やってるつもりだった」「それが本当に多くの方にお騒がせすることになってしまって」「自分の甘さもあったのかなと反省しております。」と発言。

 

時事通信によればこの発言の後に、会場から拍手が起きたとのこと。

 

この講演での発言に関する日本国民の反応です。

 

 

日本国民の声!

日本国民1号
「総理大臣の奥さんであり、だからこそ講演の依頼がくるということを自覚する必要がある。」

 

 

 

日本国民2号
「これからも同じような行動をするんだろうな」

 

 

 

日本国民3号
「以前から奥さんの行動には快く思っていない人は実はいた。いずれ問題を起こすと思っていたが、やっぱりという感じ。」

 

 

 

日本国民4号
「普通の主婦に講演がバンバン舞い込まないから。」

 

 

 

日本国民5号
「本当に普通の主婦と思っているなら国民のためにもでしゃばらないで欲しい。」

 

 

 

日本国民6号
「この件で安倍首相がどれほど大変だったか。それも必要のない苦労。安倍首相が気の毒過ぎる。」

 

 

 

日本国民7号
「まだ講演してることに率直に驚きました。ここまで出たがりの人も珍しい」

 

 

 

日本国民8号
「これだけの騒動があってもまだ講演を続けるか・・。」

 

 

 

日本国民9号
「講演するくらいなら証人喚問に応じて欲しい。これじゃまだハッキリしてない」

 

 

 

日本国民10号
「ここまででしゃばりの総理夫人はいただろうか。」

 

 

 

日本国民11号
「まだ講演やってるのかよ」

 

 

 

日本国民12号
「政府職員を5人も付けてた理由は何か問題を起こさないか不安だったからかもな」

 

 

 

日本国民13号
「総理夫人でなければ名誉校長とか、講演の依頼なんて舞い込まないだろう。客観的に冷静に考えた方がいい。」

 

 

 

日本国民14号
「普通の主婦じゃないという認識をもたない限り、これからも問題は繰り返されるだろうな」

 

 

 

日本国民15号
「安倍首相が国会中継中かなり疲れたような顔してました。相当な疲労があると思います。奥さんにその自覚はあるのでしょうか?」

 

 

 

日本国民16号
「普通の講演を誰が聞きたいんだ!?その地位だからこそ聞ける話があるから呼ばれるんだろ!」

 

 

 

日本国民17号
「講演はもう印象が良くないよ。気を付けないと。」

 

 

 

日本国民18号
「講演を聞きに行ってる人もいるようだし、拍手も大きかった。応援している人もいるのかも」

 

 

 

日本国民19号
「講演はいいから国会に来てください!」

 

 

 

日本国民20号
「反省するなら講演はもうやめなよ」

 

 

 

日本国民21号
「こうやって講演に呼ばれたり、首相夫人という立場を利用されていると気づかないのかな?」

 

 

 

日本国民22号
「このままでは昭恵夫人も隠れているような印象が広がってしまいます。国会で証言された方が良いのでは?」

 

 

 

日本国民23号
「自分が招いた状況だとは思ってないんだな」

 

 

 

日本国民24号
「なんか安倍首相大変そう。」

 

 

 

日本国民25号
「何か講演する内容でもあるのかな?それが疑問。聞く方も何を聞きたくて行くんだろう」

 

 

 

日本国民26号
「国会でケリつけようや!」

 

 

 

日本国民27号
「普通まだ講演するか?証人喚問にでないのも印象が良くない。自民党としても証人喚問を要求した方がいいぞ」

 

 

 

日本国民28号
「普通の主婦に政府職員5人も付くか?」

 

 

 

日本国民29号
昭恵夫人頑張れ!応援してます!」

 

 

 

日本国民30号
自民党議員もこれだけ動いてるのに講演なんかするな」

 

 

 

日本国民31号
「安倍首相は応援してるけど、秘書つけて、総理夫人として講演してる人に私人は無理があると思う。定義とかそういうのは別に、印象としては公人。」