意見対立ですよ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

【大相撲】『雲竜型派VS不知火型派』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概説

稀勢の里関の横綱昇進で色々な事が話題になりましたが、横綱土俵入りの際に行われる「雲龍型(うんりゅうがた)」「不知火型(しらぬいがた)」という型についても注目が集まりました。

 

これは横綱土俵入り(本場所の幕内取組前などに大相撲の最高位たる横綱により行われる土俵入り)の際の型の事で、大きく分けて「雲龍型」と「不知火型」の2種類が存在しています。

 

大きく分けてというのは、親方による指導時やその後に本人により細かい部分でアレンジされる事があり、完全に一致しているという訳ではないからです。

 

この2つの型を短く簡単に説明すると、せり上がり時に「雲龍型」は右手のみを伸ばし、「不知火型」は両手を伸ばすという特徴があります。

 

2つの型への日本国民の声です。

 

 

雲龍型派の声!

日本国民1号

雲龍型は力強くてカッコイイと思う。

 

日本国民2号

雲龍型の方が好きですね。不知火型は上手くやらないとカッコ悪く見えてしまう。嫌いではないですけど。

 

日本国民3号

■自分が選ぶとしたら雲龍型を選ぶ。そんな日は来ないけど。

 

日本国民4号

千代の富士の雲竜型が本当に美しいんだ。

 

日本国民5号

千代の富士雲龍型に勝る型は本当にないだろう。肉体そのものも見事だし、迫力もオーラも尋常じゃない。

 

日本国民6号

■攻撃と防御の要素が合わさった雲竜型こそがバランスがよく、至高。不知火型は攻撃の要素しかない。

 

日本国民7号

貴乃花の雲竜型もカッコイイと思うけどね。

 

日本国民8号

稀勢の里も雲竜型との事。雲竜型派としては特に嬉しい。

 

日本国民9号

稀勢の里も似合ってましたね。

 

日本国民10号

■俺は雲龍型の方が好きだな。

 

日本国民11号

稀勢の里も小さい頃から雲竜型に憧れていたらしいです。

 

日本国民12号

■名前は不知火型の方がかっこいいけど、型としては雲龍型の方がかっこいい。

 

日本国民13号

白鵬がいるとはいえ、不知火型は基本的に短命である。

 

日本国民14号

■日本人力士は雲龍型やろ!

 

日本国民15号

■雲竜型のフォームの方が綺麗だと思います!

 

日本国民16号

雲龍型の方がバランスが取れていて好き。

 

日本国民17号

雲龍型好きとしては稀勢の里がこれを選んでくれて喜ばしい限り。

 

日本国民18号

千代の富士の型は今でも人気が高いので、稀勢の里に指導して頂きたかった。

 

日本国民19号

北の湖の土俵入りは、豪快で魅力的な雲龍型だったと記憶しています。スピード感もあり、一層豪快さが引き立ったのかもしれません。

 

日本国民20号

■子供の頃に千代の富士の雲竜型を見てからは雲龍型のファンになりました。

 

日本国民21号

雲龍型の方が歴史的にも強い横綱が多いんです。

 

日本国民22号

■なんとなく雲龍型の方が好きかな。

 

日本国民23号

■輪島の雲龍型もそれはそれは見事なものでした。曙も迫力があって好きです。

 

日本国民24号

■不知火型を代表する大横綱には白鵬がいますが、なんだか不知火型ではないようで、雲竜型にも似ていますよね。

 

日本国民25号

■歴史的にも雲龍型の方が大横綱が多い。

 

 

不知火型派の声!

日本国民26号

雲龍型の方が力強いという人もいますが、こちらはこちらで雲龍型にない力強さがあって好きです。

 

日本国民27号

■一言で言えば華やか、それが不知火型であります。

 

日本国民28号

■単純かもしれませんが、不知火型の方がカッコイイ!

 

日本国民29号

■大横綱白鵬により、王道の型となった。

 

日本国民30号

■不知火型の横綱は短命だったが、大横綱白鵬がそのイメージを変えた。

 

日本国民31号

■今や不知火型が短命というジンクスは消え去った。

 

日本国民32号

■不知火型の迫力は見事。

 

日本国民33号

■不知火型は攻めの型と聞いた事がある。攻撃こそ最大の防衛とも言えるし、またかっこいいんだよ。

 

日本国民34号

■不知火型が好きですが、白鵬のはアレンジが効きすぎている気がしてあまり好きではない。あれは雲龍型にも似ている。

 

日本国民35号

雲龍型が嫌いでもないけど、不知火型の方が好きかな。

 

日本国民36号

■相撲に詳しくはないですが、不知火型の方が強そうに見える。

 

日本国民37号

■不知火型の地面を持ち上げるようなあの迫力が堪らない。断然、不知火派です。

 

日本国民38号

白鵬の不知火型もかっこいいと思う。確かに少し違うかもしれないけど。

 

日本国民39号

■とにかく攻めるという姿勢の意味を持つ不知火型。一歩も引かぬという強い思いが感じられる。

 

日本国民40号

雲龍型も悪くないけど、迫力では不知火型には勝てないと認めなさい。

 

日本国民41号

稀勢の里雲龍型を選んだのには少し寂しい・・。

 

日本国民42号

■個人的には不知火型の方が横綱って感じがするけど。

 

日本国民43号

■男らしく、迫力のある不知火型が、私は好きです。

 

日本国民44号

■最近の若造は知らねぇかもしれねぇが、不知火型と言えば第43代横綱吉葉山よ!

 

日本国民45号

■元々雲龍型ばかり見ていたので、不知火型を初めて見た時は衝撃を受けました。

 

日本国民46号

羽黒山関の型は素晴らしいと思います。結構そういう声は多いですよ。

 

日本国民47号

■それぞれ好き嫌いありますが、私は不知火型の方がどちらかと言えば好きです。白鵬の土俵入りをイマイチと言う人もいますが、私は割と好きですし、それもまた人それぞれなんでしょう。

 

日本国民48号

■私は隆の里の土俵入りが今でも記憶に残っています。個人的には稀勢の里には不知火型をやって欲しかったけど、まぁこれはしょうがないですね。

 

日本国民49号

■とにかく短命ジンクスは完全に消え去った。それは間違いのない事実。

 

日本国民50号

■今の時代の頂点は白鵬。その白鵬が不知火型であり、それはつまり時代は不知火型を表しているという事に他ならない。

 

 

最後に

現在、白鵬関と日馬富士関が不知火型、鶴竜関と稀勢の里関が雲龍型と、キッチリ2組に分かれる事になりました。