意見対立ですよ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

『モンスター医療関係者とモンスター患者』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概説

岐阜新聞」が医療現場での「モンスターペイシェント(患者)」について報道しています。

 

ここでのモンスターペイシェントとは、医療従事者に暴言や暴力を振るう患者やその家族を指しています。

 

全日本病院協会による2008年4月調査では回答した1106病院中52.1%がモンスターペイシェントに対応した事があると回答。

 

また、医療従事者向けサイトを運営する「ケアネット」による調査ではサイト会員の医師1000人中7割がこれに対応した事があると回答したようです。

 

こういった「モンスターペイシェント」が出現した場合でも、警察に届ける事なく病院内で処理しようとする事例が多い事も指摘されています。

出典:http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170127/201701270845_28893.shtml

 

 

日本国民の声!

日本国民1号

■こんな患者、本当は診たくないでしょうね。

 

日本国民2号

■暴力って犯罪だろ!

 

日本国民3号

■こんな人達を相手にするなら高収入じゃないとやってられないだろうな。

 

日本国民4号

■医療現場に限らずクレーマーは高齢者が多いような気がする。

 

日本国民5号

■私も高齢者がクレームつけているのはよく見かけます。もちろん良い高齢者も多いでしょうし、感謝もしていますけど。

 

日本国民6号

■昔はクレーマーもただのクレーマーだったけどモンスタークレーマーまで出現したからな。

 

日本国民7号

■日本はこういうクレーマーとかモンスターが多いような気がします。

 

日本国民8号

■患者を選べないのは大変だよなぁ。暴れるくらいなら患者のその家族は来るなよ。

 

日本国民9号

■何も医療業界だけではないですよ。私もお客さんがモンスターが多くて疲弊しています。

 

日本国民10号

■ただでさえ忙しいのにこんなの相手に空いてたら疲れるでしょうね。

 

日本国民11号

■無駄な仕事させるな!モンスターが!

 

日本国民12号

■文句言うくらいなら他へ行ったらどうですか?暴力振るうなんて論外。

 

日本国民13号

■時代が変わったのか昔からなのか・・。

 

日本国民14号

■しっかりした対策を取らないと大変な事になるぞ。

 

日本国民15号

■高齢者は脳が衰えるからしょうがない部分もあるんですよね。医療関係者はその辺の事は理解しているんだろうとは思いますが。

 

日本国民16号

■これだから最近の若い奴はと高齢者は言うけど、これだから高齢の方はと言われ出すのでは?

 

日本国民17号

クレーマーは高齢者だけじゃない。力の有り余ってる若者が暴れる方が危険だし。

 

日本国民18号

■看護師の方がもっと厳しくやられてると思う。

 

日本国民19号

■普通に犯罪者として取り締まれば良い!こんな奴らは決して許すな!

 

日本国民20号

■医者には応召義務があり、診療しなければならないという決まりがあるから客を選べないんだよね。

 

日本国民21号

■そういう人って子供の頃からずっとそんな感じなのかな?

 

日本国民22号

■どこの業界でも同じ事だとも思うけどね。医療業界が特別多いという訳でもなさそう。

 

日本国民23号

■こんなの昔からあった事。医療従事者は大変なんです。

 

日本国民24号

■いずれモンスターの次も現れると思っているけど、ふさわしい言葉がまだ見つからない。

 

日本国民25号

■診療拒否ができるようになればそれはそれで問題が起きる気がする。

 

日本国民26号

■看護師さんへのセクハラも多いらしいですし、大変な問題です。

 

日本国民27号

■そんな暴れたりしようなんて思わないけどな。おかしいだろ。

 

日本国民28号

■おそろく高齢者が老化から制御が効かない状態になっている例もあるのでしょう。そういう場合は本当に対策も難しそう。

 

日本国民29号

■モンスターじゃなくてもモンスター扱いされているケースもありそうだけどね。

 

日本国民30号

■とにかく暴力はダメでしょう。話し合いましょうよ。

 

 

続編

このように、モンスターペイシェントによる暴言や暴力に批判的な声が多いですが、一方では、患者側から医者などの医療従事者への不満の声も多いので、合わせて国民の声を紹介します。

 

 

日本国民の声!

日本国民31号

■今まで医者に大声で怒鳴られたり、馬鹿にされるような発言を何度もされていて、何様なんだという思いがあります。

 

日本国民32号

■今の時代はネットで病名がわかるので、症状からこれでは?と良かれと思って尋ねたら不機嫌になってしまった。

 

日本国民33号

■病院によって診断や薬が違ったり、わからないとだけ言われてりして、それでよく病院をやってるなと思う事が多い。

 

日本国民34号

■暴力は認められないのは当然ですが、医療関係者はタメ口で話してくる事も多いですし、暴言は医療従事者の態度が原因の事も多いのでは?

 

日本国民35号

■明らかに年下の看護婦さんがタメ口で、話し方も馬鹿にしていてめちゃくちゃ腹が立った事がある。人間としてあまりにも未熟だなと感じた。

 

日本国民36号

■嫌なら病院を変えれば良いんだけど、あらかじめ評判がわかるような制度を作って欲しい。

 

日本国民37号

■モンスター医師も存在していますけどね。

 

日本国民38号

■病院は競争が少ないから態度がでかくてもやっていけるのが問題だと思う。

 

日本国民39号

■態度のデカさなら患者より医師の方がでかいと思うけど(笑)

 

日本国民40号

■他の商売と違って先生なんて言われるので、調子に乗ってしまうのかも。

 

日本国民41号

■最近は医師の犯罪も多いし、一概に患者側の事を取り上げるのはフェアじゃない。

 

日本国民42号

■ベストはモンスター医師がモンスター患者を診る事なんだけどね。部屋で殴り合いになってるかもしれない(笑)

 

日本国民43号

■患者が暴言を吐けばモンスター扱いではなく、なんでそうなったかがポイントだと思います。そりゃ文句の1つも言いたくなる病院が多いのもまた事実ですよ。

 

日本国民44号

■医者はプライドが高い。医者は患者が居て、大量の税金が注ぎ込まれているから贅沢な暮らしができている事をもっと理解した方がいい。

 

日本国民45号

■親切な医者には自然とお礼がでるもの。そうじゃない医者がいる事が残念。

 

日本国民46号

■辛いから病院に行くのに、もっと精神的に辛くなる事があります。

 

日本国民47号

■看護師と医者のタメ口はなんとかならないのでしょうか?それも争いの一因ではないかと思ってしまいます。

 

日本国民48号

■医者よりネットの方が頼りになる事も多い。その割に態度がでかいのには困ったものだ。

 

日本国民49号

■医者を増やして競争させればそんな横柄な態度なんてしなくなると思うけど、増やさないんだろうな。

 

日本国民50号

■客が神様みたいな風潮は嫌いだけど、医者の診てやるよって態度も気に食わねぇ。

 

日本国民51号

■モンスターの医師とか看護師とかに遭遇した人の割合はもっと多いんじゃない?

 

日本国民52号

■医療は重要な事だけに、それを扱う人がこんなんだともったいない。もちろん、素晴らしい方もいるでしょうけどね。

 

日本国民53号

■しっかりした医療関係者までが悪い印象になってしまうので、業界内で監視し合った方がいいのでは?

 

日本国民54号

■医療従事者ですが、その私の立場からも医者の態度には腹が立ちます。

 

日本国民55号

■医者のドラマも問題だと思う。あれで凄いかのような印象を作り上げられてしまい、態度が大きくなるのでは?

 

日本国民56号

■ここまで態度の悪い人が多い職種も珍しいのではないかというくらい不快な思いをしている患者がいますよね。これは実際にかなり問題だと思う。

 

日本国民57号

■高齢者で弱っている人に圧迫的な態度で接するのは特に可愛そう。

 

日本国民58号

モンスター患者が生まれるには相応の理由があるんですよね。

 

日本国民59号

■まずは敬語から覚えるのはどうでしょうか。

 

日本国民60号

■患者と医療関係者の双方がもっと敬意を持つ必要があると思います。

 

 

最後に

医療関係者と患者やその家族の双方に問題があると思いますし、暴言=即モンスターも違うのかな?とも思います。

理不尽に暴言を吐く患者もいれば、病院側の対応から文句を言った人もいるでしょう。

 

ただ、暴力はどんな状況でも認められません。