意見対立ですよ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

『スキージャンプ女子、1枚看板から新たに看板が加わる』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概説

日本開催のノルディックスキー・W杯ジャンプ女子で伊藤有希選手が大飛躍、高梨沙羅選手の1強時代に終止符。

 

日本で開催された4連戦で、伊藤選手は優勝3つに2位が1つと抜群の成績を収めました。ちなみに、唯一2位の第8戦はノルウェーのマーレン・ルンビー選手が優勝しています。

 

伊藤選手は若くして注目を集めるも、伸び悩んでいた時期があるようですが、地道に努力を重ねてきた選手のようで、所属チームの監督でもある葛西紀明氏は「言葉じゃなく、行動や成績、練習の姿勢で見せてくれる」と話しています。

 

後輩である高梨沙羅選手も「有希さんのジャンプに圧倒されてすごいなと思った。下から見ていて興奮した。」と話していました。

 

冬季オリンピックも控える中、強い選手は多いに越した事はありません。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000022-dal-spo

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000523-sanspo-spo

 

 

日本国民の声!

日本国民1号

■オリンピックが楽しみになってきた!

 

日本国民2号

■オリンピックでも二人いればどっちかがやってくれるでしょう!

 

日本国民3号

■二人共怪我だけには気をつけてな。

 

日本国民4号

高梨沙羅はもう違う事に気が行っているような気がします。

 

日本国民5号

■化粧やおしゃれに興味を持つ事は悪い事じゃない!

 

日本国民6号

■悪くはないけど、それで成績に影響が及んでいると考える人もいるし、そう見えてしまうものなんだよ。

 

日本国民7号

■伊藤選手が実力的に力をつけたんじゃないのか?

 

日本国民8号

■いずれにしてもそれは高梨選手本人が決める事。

 

日本国民9号

■伊藤選手の注目度がどんどん上がってきている。

 

日本国民10号

■ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ選手は見抜いていたようだ。高梨を超えるのは伊藤だとね。

 

日本国民11号

■二人で競い合って日本人選手のレベルを圧倒的にしてしまえ!

 

日本国民12号

■良いライバルの出現ですね!これは楽しみ!

 

日本国民13号

■ライバルというか、今後もっと差をつけられるのではないかという気がします。

 

日本国民14号

■高梨選手も一層気を引き締めてくるでしょう。

 

日本国民15号

■高梨選手はオリンピックといいここ1番の勝負弱さがある気がする。

 

日本国民16号

■実力の世界なので、伊藤選手が活躍すれば伊藤選手を取り上げて欲しい。

 

日本国民17号

■時代が変わるか!?

 

日本国民18号

■まだまだそれはわからないよ。

 

日本国民19号

■伊藤選手は海外でどういう成績を収めるかという点に注目したい。

 

日本国民20号

■次のオリンピックは韓国の平昌だけど、本当に開催されるのだろうか・・。

 

日本国民21号

■高梨選手は50勝へのプレッシャーがあるのでは?

 

日本国民22号

■色々なものに触れてしまった高梨選手、コツコツとジャンプに取り組んだ伊藤選手。

 

日本国民23号

■レジェンドから学んでいるのは良いことだよね。

 

日本国民24号

■韓国風メイクの化粧で空気抵抗が変わり、それが飛距離に影響しているという指摘がある。

 

日本国民25号

■単に今までのレベルを伊藤選手が追い越した、つまりレベルが引き上げられたと考える。