意見対立ですよ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

『1つの中国をめぐる駆け引き』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概説

「1つの中国」という言葉が最近たまにニュースで取り上げられています。

簡単に言うと中華人民共和国の範囲に関するもので、中国の核心的利益の1つとされ、中国にとって重要な問題です。最近よく取り上げられるのは台湾が中国に属すのかどうかについてです。

 

中国は台湾を台湾地区などと呼び、中国の一部であると主張、世界の多くの国がこれを認めていて、米国は1979年に台湾と断交して以来、歴代政権もその立場を維持してきました。しかし、13日の米国メディアとのインタビューでトランプ次期大統領は「すべてが交渉対象となる」と、この1つの中国という原則は必ずしも維持されるものではないという考えを示しています。

 

この「1つの中国」の原則について中国は譲る訳にはいかず、中国外務省の陸慷報道官は「世界には1つの中国しかなく、台湾は中国領土の分割不可能な一部分であり、中華人民共和国政府が中国を代表する唯一の合法政府だ。これは国際社会に公認された事実であり、誰も変えることはできない」「米国は台湾問題の高度な敏感性を理解して、『1つの中国』政策に従うという歴代政府の約束を守り、中米関係の健全で安定的な発展と重要な分野での協力に影響が出ないよう、台湾問題を適切に処理することを促す」と話しています。

出典:http://www.recordchina.co.jp/a161008.html

 

台湾の蔡英文総統の動きも活発で、昨年12月2日にはトランプ氏と電話会談を行い、中国から反発が起きていました。

 

また、今年1月8日には中米歴訪の為に米国を経由し、その時に米国共和党のテッド・クルーズ上院議員などと会談を行っています。この時も中国外務省は以下のように国境通過を認めない事を望む声明を出していますし、またクルーズ氏らに面会をしないよう求める書簡も送っています。ただ、トランプ氏の関係者とは会っていないようですが、仲介者とはあっている可能性が報じられていますが、台湾総統府はこれを否定しています。

 

中国外務省華春瑩報道官「われわれは米側が『1つの中国』政策と中米間の3つの共同コミュニケの原則を順守し、台湾地区の指導者である蔡英文氏の『国境通過』を認めず、『台湾独立』勢力にいかなる誤ったシグナルも発せず、実際の行動によって中米関係の大局と台湾海峡の平和・安定を維持することを希望する。」

出典:http://j.people.com.cn/n3/2016/1230/c94474-9161124.html

 

米国だけではなく、日本にも動きがあります。

日本と台湾は1972年の日中国交正常化により国交断絶しましたが、民間交流関係を維持する為の実務機関、窓口機関として「交流協会」が設立されています。そして、これが今年1月1日から「日本台湾交流協会」に名称が変更されています。

現在、日本と台湾は国民レベルでもとても良好な関係が続いています。

 

これに対して中国外務省華春瑩報道官は「中国は「2つの中国」や「一中一台」を作りだそうとするいかなる企みにも断固として反対する。日本が台湾問題でネガティブな行動を行うことに強い不満を表明する。」「中国は日本に対して、「中日共同声明」で確定された原則とこれまで中国側に示した約束を厳格に守り、「1つの中国」原則を堅持し、台湾関連問題を適切に処理し、台湾当局と国際社会に向けた誤ったシグナルを送らないようにし、中日関係に新たな混乱を引き起こさないようにするよう促す。」と1つの中国に反する行動への反対と不満を表明しています。

出典:http://j.people.com.cn/n3/2016/1229/c94474-9160707.html

 

話を戻しますが、トランプ氏の1つの中国への発言や動きに、米中の貿易関係や為替に関するカードとして利用しようという考えがあるのではないかとも言われています。

 

 

日本国民の声!

日本国民1号

■台湾の人からしても中国と同じという感覚はないのでは?

 

日本国民2号

■中国としてここは譲れないんだろう。

 

日本国民3号

■米中関係は厳しくなっていくだろうな。オバマ政権の初めは中国を尊重していた気がするが、時代と共に変わっていくものだ。

 

日本国民4号

■台湾は親日、中国は反日。普通に考えて同じじゃないだろ。

 

日本国民5号

■中国としては難しい舵取りが要求されるだろう。

 

日本国民6号

■トランプさんは世界を乱していくなぁ。

 

日本国民7号

■トランプさんとしては良いカードを見つけたと考えているかもしれないけど、中国は米国債を大量に保持していたりもするし、対立の激化はいかがかと。

 

日本国民8号

■台湾の独立を望む人からすると喜んでいるんじゃないのかな?

 

日本国民9号

■日本はどういう立場を取っていくんだろう。

 

日本国民10号

■これは日本や世界としてもカードになるかもな。

 

日本国民11号

■1つの中国は無理があると思う。

 

日本国民12号

■トランプ氏が当選してから色々な動きがあるよな。

 

日本国民13号

■こういう領土的な話って何も中国だけの話ではなかったりするよね。日本だってそう。

 

日本国民14号

■当選直後は穏やかになったなんて言われてたけど、米国の為ならという姿勢は変わらなかった。

 

日本国民15号

■中国には今のうちに厳しく対応しなければ、後々に世界が大変な状況に置かれる可能性があるからな。

 

日本国民16号

蔡英文総統もなかなかの覚悟を持って望んでいると思う。安倍首相とも仲が良いらしいね。

 

日本国民17号

■日本政府もこれくらい中国には厳しく対応して良いのではないでしょうか。

 

日本国民18号

■トランプ氏は対立を作るのが好きなようだ。

 

日本国民19号

■1つの中国は台湾だけの問題じゃないからな。

 

日本国民20号

■まぁトランプさんについてはまだ様子見が必要だと思う。まだ不透明な部分が多すぎる。

 

日本国民21号

■就任後に、すぐ撤回する可能性もあるからな。

 

日本国民22号

■中国は流石に大きすぎると思う。

 

日本国民23号

■トランプさんは中国だけじゃなく日本も批判している事を忘れてはならない。利益の為なら何もしていない同盟国でも批判する。

 

日本国民24号

■中国は南シナ海問題とか、だいぶ無茶してきたからな。同情の余地はない。

 

日本国民25号

■アメリカと中国にはとことんやりあって欲しいと思う。

 

日本国民26号

■台湾とかを考えてとかではなく、あくまでも商売に利用できそうだからなんだろうな。