意見対立ですよ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

『安倍首相フィリピンに1兆円の経済協力を表明』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概説

フィリピンを訪問中の安倍首相は、ドゥテルテ大統領と会談を行いました。

そして、今後5年間で日本の官民合わせてフィリピンに1兆円の経済協力をする事を表明しています。

 

会談では南シナ海問題も取り上げられ、会談後に安倍首相は「本日の会談では、基本的価値や戦略的利益を共有するパートナーである両国が、この地域の安定と平和のためにともに手を携えて協力していくことを確認しました」と話しています。

 

 

日本国民の声!

日本国民1号

■ちょっと1兆円は出しすぎやしないかい?

 

日本国民2号

■どこにそんな金があるんだ!?

 

日本国民3号

■安倍首相は海外にお金をバラ撒きすぎじゃないか!?誰の金だと思ってるんだよ!

 

日本国民4号

■否定はしない。フィリピンの今後の成長を考えても否定はしないけど・・。

 

日本国民5号

■日本だってそんな潤沢に金が余ってる訳じゃないぞ!

 

日本国民6号

■安倍首相は海外に行く度に支援の話ばかりしてくるけど大丈夫なのか?

 

日本国民7号

■血税をホイホイとふざけるな!

 

日本国民8号

■そんな金があるなら消費税を下げろよ!これで増税なんて誰が納得できる!?

 

日本国民9号

■こんな金があるなら国内でもっと使ってくれよ!それが先だろ!

 

日本国民10号

■国民は消費税が上がって消費も落ちてるのにそんな余裕があるのかよ!

 

日本国民11号

■どこまで有効な経済協力なのか疑問。

 

日本国民12号

■ちやほやされたいが為にこんな事やってたら承知しないぞ?

 

日本国民13号

■桁がおかしいって・・・。どこから出すんだよ。

 

日本国民14号

■国内だけでもやれる事はある。個人的には介護にそれだけ回してあげて欲しい。

 

日本国民15号

■こないだドゥテルテ大統領は中国からも利益を得ていたし、上手い事利用されている気がする。こんな金の出し合いみたいな事が永遠に続くぞ・・。

 

日本国民16号

■よく指摘されているけど安倍首相は海外でお金を使いすぎじゃないか!?

 

日本国民17号

■これでまた中国にも寝返って中国から支援を受ける。この繰り返しだよ。

 

日本国民18号

■結局日本は軍事的な睨みを効かせる事ができないからこういう状況になってしまう。何かあれば中国に軍事的な制裁を与えられる状況であればこんな苦労はしなくて済むのに。

 

日本国民19号

■フィリピンは嫌いじゃないけど、こんな経済支援が日本の為になるとは思えない。

 

日本国民20号

■安倍首相はどうしたんだよ!最近本当におかしいって!

 

日本国民21号

■これはバラ撒きと言われても仕方ない。

 

日本国民22号

■国内ではほとんど賛同得られていないようだな。

 

日本国民23号

■私は素晴らしい判断だと思います。フィリピンは親日国家ですから。

 

日本国民24号

■優先順位が間違ってるよ!まずは国内からでしょ。

 

日本国民25号

■もう消費増税の必要はないって事でいいね?

 

日本国民26号

■中国の牽制とか理解できない訳じゃないけどこういう事ってお金でする事じゃないと思う。いつまでもお金を出し続けなければならなくなるよ。

 

日本国民27号

■見返りはなんだろう。それなりの物がないと納得できる額じゃない。

 

日本国民28号

■金で心を動かしてもキリがないと思う。

 

日本国民29号

南シナ海は重要な場所だからしょうがないのかなぁ。

 

日本国民30号

■これだけ国内で使えれば色々とできそうなんだけど・・。

 

日本国民31号

■分からないでもないけど、これは支持できない。

 

日本国民32号

■流石に日本の利益も考えての行動だとは思いますけど・・。

 

 

最後に

安倍政権に厳しいコメントが多いです。

 

南シナ海には日本のシーレーンが有る事から日本にとっても重要な場所です。

その為、日本としてはこの地域に位置するフィリピンと協力し、中国の動きを抑えたいという思いがあるのではないかと推測します。

 

それ自体は重要な事だとは思いますが、方法に疑問を持っている人は多いですし、これだけのお金が動く以上、国民にもっと明確な説明が必要なのではないでしょうか。

 

フィリピンだからという事ではなく、海外でお金をジャブジャブ使う事に多くの国民が納得できていないようですし、説明できる範囲でできる限りの説明が必要だと感じました。