意見対立ですよ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

掃除機は『紙パック式派 VS サイクロン式派』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概要

掃除機の買い替えを考えている方の中には、紙パック式とサイクロン式でどちらにしようかと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

そもそも掃除機の仕組みは単純で、空気を吸い込む力でゴミも一緒に機械内に集め、ゴミと空気を分離して、ゴミは機械内にとどめ、空気は機械外に排出するというものです。

 

紙パック式とサイクロン式の違いはこのゴミと空気の分離の方法に違いがあるだけで、基本的には同じ仕組みです。

 

紙パック式は紙パックでの分離がメインで、そこで取りきれなかった細かいゴミを更にフィルターで分離します。

 

サイクロン式は紙パックの代わりに竜巻のように空気を回転させ、これによる遠心力やゴミの重力を利用して分離させるのがメインで、紙パックと同じようにフィルターがサポートします。

 

ただ、この紙パックがあるかないかという違いから、音、吸引力、ゴミ捨て、手入れなど、様々な変化が出てくるようです。

 

それぞれにどんなメリットやデメリットがあるのか、日本国民の声です。

 

 

紙パック式派の声!

日本国民A

■ゴミが溜まればポンと捨てれば良い紙パック式がやっぱり楽です。

 

日本国民B

サイクロン式はゴミを捨てる時に多少はゴミが舞ってしまいます。

 

日本国民C

■吸引力がサイクロン式の方が上という人がいるけど紙パック式の方が上だよ!

 

日本国民D

■サイクロンは流行りものに飛びつく日本人の習性を利用して売っている!

 

日本国民E

■サイクロンを使っても紙パック式に戻る人がいますよ。

 

日本国民F

■サイクロンはフィルターの掃除が面倒!これが最大のデメリットだと思う。

 

日本国民G

■紙パック式は基本的にはゴミが溜まれば捨てるだけで、手入れが簡単。サイクロン式は洗ったりしないとダメなのが面倒。

 

日本国民H

■紙パックの手間より、サイクロンのゴミ捨てや手入れの方がめんどくさい。

 

日本国民I

■長年日本の家事情に合うように開発・改良が重ねられた紙パック式が日本の家庭には合っています。

 

日本国民J

■紙パックがないサイクロン式だとごみ捨てで細かいゴミやフケなどが舞うでしょう。それでは衛生的じゃない。

 

日本国民K

■とにかくサイクロン式から紙パック式に戻っている人が結構いるという事実を直視せよ!

 

日本国民L

サイクロン式にして後悔する声はあるけど、紙パック式で後悔する声は少ない!

 

日本国民M

■絶対紙パック式にしろ!絶対だ!

 

日本国民N

■紙パック式の方が吸引力強いと思うけどなぁ。

 

日本国民O

■吸引力の強さはお互いに主張してるのでさほど変わらないのでは?そうなれば手入れが簡単で昔からあって安定している紙パック式に軍配が上がる。

 

日本国民P

サイクロン式の支持者に決定的な事を教えてやる!サイクロン式掃除機で虫を吸い込んだらどうなるか分かってるか!紙パック式と違い回転するのが見える!更に捨てる時も見える!羽とかがフィルターに付くかもしれない!

 

日本国民Q

■なんだかんだ紙パック式が掃除機の完成形だよ。目新しくて注目を集めるけど、サイクロンは流行り物に過ぎない。

 

日本国民R

■サイクロン買ったけど手入れがめんどくさくて後悔している!サイクロンは音も大きい!

 

日本国民S

■サイクロンより紙パック!サイクロンを買って手入れのめんどくささに参った。逆の声はなかなか聞いた事がない。

 

日本国民T

■サイクロンは珍しさで流行りものに敏感な日本人が食らいついただけ。総合的に考えると紙パック式が最高だよ。

 

日本国民U

■実際に家電を販売してる人もサイクロンは苦情が多いって言ってるらしい。紙パック式を勧められた。

 

日本国民V

■1番のポイントは手入れ。手入れが面倒に感じない人はサイクロン式でも良いけど、面倒な人は紙パック式が絶対にオススメ!

 

日本国民W

■紙パック式の方がゴミを多く収納できる。サイクロン式は容量も小さく、すぐにゴミが貯まる。

 

日本国民X

サイクロン式はごみ捨てでゴミが舞うし、手入れでも舞うかもしれないので花粉症とかアレルギーの人は紙パック式の方が良いと思います。

 

日本国民Y

■黙れ音デカ掃除機野郎!

 

日本国民Z

■紙パック式掃除機万歳!

 

 

サイクロン式派の声!

日本国民A

■紙パックを通さなくても良いからか吸引力がサイクロン式の方が凄い。

 

日本国民B

■紙パック式で掃除した後にサイクロン式で掃除をすると違いがよく分かる。

 

日本国民C

■今は格安のサイクロン式掃除機が有り、紙パック代も掛からないので経済的。

 

日本国民D

■紙パックの利点はゴミを紙パックでまとめてあるので捨てる時が楽だし、舞いにくい。ただ、吸引力の強さや排気での空気汚染の少なさはサイクロン式の方が良いのでメリットが大きい。

 

日本国民E

■紙パックをいちいち買わなくて良いのは楽だし、お金が掛からない。

 

日本国民F

■サイクロンの方がゴミを捨てるのは楽だと思うが。

 

日本国民G

■紙パック式は古くなると対応する紙パックが入手できなくなるという可能性がある事は指摘させて頂きます。

 

日本国民H

■サイクロンはゴミが貯まる様子が見えるので楽しさがあります。

 

日本国民I

■掃除機の役割はゴミを取る事。吸引力でサイクロン式の方が凄いと感じている声は多い。

 

日本国民J

■定期的に掃除をしなければ低下しますが、サイクロン式の方が吸引力は良いですよ。

 

日本国民K

■サイクロンから紙パック式に戻ったという意見には、戻らない人もいるという反論をさせてもらおうか。後、紙パックは臭いがある。

 

日本国民L

■日本製で安いサイクロン式掃除機が販売されています。評価もかなり高いです。

 

日本国民M

■紙パックを買ったり、付けたりが面倒でサイクロン式にしました。

 

日本国民N

■ゴミが舞うのが気にならないならサイクロン式の方がゴミ捨てが楽だし、使いやすいけどな。

 

日本国民O

サイクロン式は見てておもしろい!1回の掃除でどれくらいゴミがあったかがわかりやすい。

 

日本国民P

■フィルターを掃除していればサイクロン式は吸引力が強い。この掃除をせずに吸引力が弱いとかいう人がいる!

 

日本国民Q

■サイクロンの1番のメリットは紙パック代が掛からない事かな。手入れが面倒と思う人でもこのメリットがあれば心が動くんじゃないか?

 

日本国民R

■紙パック式に慣れている人が多いからサイクロンから戻るという事もあるのでは?

 

日本国民S

サイクロン式はすぐにゴミが貯まるという意見もあるけどお金も貯まる。音も製品によっては紙パックより多少大きいかもしれないけど大差はないと思う。

 

日本国民T

■音については両者あんまり差はない。ゴミが回転する様子は子供受けしそう。

 

日本国民U

ティッシュを挟んだりする工夫でフィルター掃除が圧倒的に楽になるという裏技もあります。製品によるのかもしれませんが。

 

日本国民V

■猫を飼っているので吸引力の強さに助かっています。ただ機種によっては毛が絡まった事例があると聞いた事があります。

 

日本国民W

■サイクロン掃除機は確かに手入れが大変とかごみ捨てで埃が散らばるとかいう悪い評判も聞くけど、吸引力があるという評判も多い気がする。

 

日本国民X

■音が気になる製品もあるけどその分吸引力も良いと思う。

 

日本国民Y

■私は次もサイクロンにしようと思っています。

 

日本国民Z

サイクロン式掃除機を支持します!

 

 

最後に

現在の国民の意見をまとめると以下になります。

紙パック式

長所

①ごみ捨てで埃が舞いにくい

②サイクロンより手入れが楽

短所

①紙パックを買う手間が掛かる

②紙パック代が継続的に掛かる

 

サイクロン式

長所

①紙パックを買う手間が不要

②紙パック代が継続的に不要

③サイクロンの見た目の面白さ

短所

①フィルターなど手入れが大変

②ごみ捨てでゴミが舞いやすい

 

吸引力はそれぞれの派が強さを主張していますし、製品による違いもあると思うので何とも言えませんが、サイクロン式でも少なくとも掃除機としての役割を果たせないという声は見かけないので、両者とも吸引力はある程度の水準以上にあるのではないかと思います。

サイクロン式の吸引力に驚く声もチラホラ見かけますので、サイクロン式の方が若干高い可能性もあります。

 

音についても製品による違いもあると思うので何とも言えませんが、平均して若干サイクロン式の方が大きい若しくは気になるという意見が多い気がします。

しかし、これは小さいに越した事はありませんが、周囲の家に迷惑になる程でなければ問題ないと考える人もいるでしょう。

 

結局はこれらの長所や短所からそれぞれの好みで合わせるという事になりますが、大きく見れば面倒回避より節約重視の人はサイクロン式、節約より面倒回避の人は紙パック式と言えるかもしれません。

 

ただし、サイクロン式はやめておけ!という声はありますが、紙パック式はやめておけ!という意見は見かけませんでした。そこからも紙パック式は安定感があるというか、一定の満足感はあるのではないでしょうか。

 

ただ、サイクロン式掃除機は日本メーカーから4000円程度で販売されているのも見た事がありますし、評判も上々でした。こういう安くて評判の良い製品を挑戦的に1度買って実際に使用してみるというのも1つの手だとも思います。サイクロン式でネックとされるフィルター部分の手入れも、慣れれば意外と苦にならないという人もいるかもしれませんし、とても続けられないという人もいるでしょうから。