意見対立ですよ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

『日本企業は海外の学生から就職先として人気がないのか』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概要

学生の就職や採用に関して国際的にコンサルティングをしているユニバーサムが、6月29日に「世界の大学生人気就職先ランキングの2016年版」を発表しています。

 

調査対象はアメリカ・中国・日本・ドイツ・インド・オーストラリア・ブラジル・カナダ・フランス・イタリア・ロシア・イギリスの12カ国で、各国の上位の大学で該当分野を学ぶ大学生と大学院生です。

 

以下はビジネス(経済・経営学)を専攻する学生のトップ10です。

1位

グーグル

米国(インターネット)

2位

アップル

米国(インターネット・家電)

3位

アーンスト・アンド・ヤング

英国(会計事務所)

4位

ゴールドマン・サックス

米国(金融)

5位

プライスウォーターハウスクーパース

英国(会計事務所)

6位

デロイト・トウシュ・トーマツ

米国(会計事務所)

7位

マイクロソフト

米国(ソフトウェア開発販売)

8位

KPMG

蘭国(会計事務所)

9位

ロレアル・グループ

仏国(化粧品)

10位

JPモルガン・チェース

米国(金融)

 

トップ10に日本企業の名前はなく、この後50位までのランキングで44位にトヨタ、48位に昭和シェル石油がランクインするにとどまりました。

 

米国が圧倒的で、日本企業が1つもランクインしていないのが寂しいような、別にこんなランキング関係ないような。

 

グーグル・アップル・マイクロソフトの知名度は圧倒的ですし、ビジネス専攻の学生なので世界4大会計事務所がランクインするのも分かります。2大金融もそうでしょう。また、ロレアル・グループも世界最大の化粧品会社で、ビジネスと美に興味のある学生、特に女性に人気がありそうですね。

 

そう考えれば、ここにランクインするのは難しい事とも言えますが、トヨタはもう少し上位でも良さそうな気がしますし、50位までにランクインした日本企業が少ない事を考えると、日本企業は人気があるとは言えないのかもしれません。

 

ちなみに工学・ITを専攻する学生のランキングでもBMW4位、フォード・モーター13位、ゼネラルモーターズ15位、フォルクスワーゲン20位、トヨタ24位のようにランキングが落ちています。

 

日本国民はどう考えているのでしょうか。

 

 

日本国民の声!

■日本経済は内需で支えられていますがこれを維持向上させ、更に外需を増やす事でもっと成長していけると思います。その為にも海外の知名度はあるに越した事はないので、こういうランキングで上位に行ける企業が増えれば良いと考えます。

 

■日本企業は古臭く、時代遅れに感じられているのではないでしょうか?

 

■日本企業は内部留保を溜め込まないでどんどん海外展開に使ったら良いのでは?日本企業の力があれば世界的な企業をもっと増やせると、今でも信じている。

 

■日本人は英語を基本的に使わない為、日本語を学ぶ必要があるという語学の壁があるので敬遠される部分があるのでは?

 

■英語と同じくらい日本語が普及していたら、あるいは日本で英語がもっと普及していればこういうランキングの結果は変わってくると思う。これがすなわち日本企業の人気がないという訳にはならない気もします。

 

■日本企業はどちらかと言えば内向きだから知名度が少ないという事もある気がします。島国なのでしょうがない部分もあると思いますよ。

 

■逆に海外の優秀な学生からすればライバルが少ないという事になるので、日本企業への就職を考えてもらいたい。

 

■日本企業はグローバル化が進んでいないので、幹部には日本人が多い。

 

■海外から日本企業が人気になり、外国人の採用を増やすという事になれば日本人の就職先が減ってしまうのでこれは良い事だと思います。日本人は英語を話さないので逆に海外でという事も難しいですし。

 

■日本の文化とかに興味がある外国人はどんどん増えている中で、就職となると人気はないようですね。

 

■成果を上げれば飛躍的に昇進できるような制度が必要なのではないでしょうか。

 

■言語の問題はやっぱりあると思うよ。米国と英国の企業がほとんどだし、英語を話せる人が世界では1番多いのだから自然な事でもあると思う。

 

■企業が世界的に認められている事と就職で人気があるかはまた別物ではありますよね。

 

■移民の問題と同じ事だけど海外の人が日本に馴染めるかは自身がないよね。日本人は外国人に慣れていないし、生活するにも言葉の壁がある。

 

■日本企業は労働時間が長く、大変というようなイメージがあるのではないかと思います。日本人はもう少し休んだ方が良いなどと話す海外の方もいますので。

 

■日本企業と言っても日本で必ず仕事する訳ではないので言語の壁だけではない気がする。

 

ブラック企業の噂が轟いているのではないだろうか。

 

■日本人はある程度地震になれているけど海外には全く馴染みがない人もいる。自然災害が多く、厳しい環境というイメージも多少は影響しているのかな。

 

中国企業もランクインしていないし、やはり欧米が人気というのは根底にあるのかもしれない。日本は観光などでは人気とは言え、アジアからの人気の方が高いと思う。

 

■日本企業はもっと世界に本気で勝負を賭けてみても良いと思う。日本の高い技術力が有名な海外製品を支えているなんていう事がたくさんある。

 

■人気があるのかないのかは分からないけど、日本はこれでこれだけの経済規模や技術力を維持しているのだからこのままで良いと思うよ。

 

■そもそも日本を支えているのは9割の中小企業。世界的に人気になる可能性のある大企業自体はたったの1割に過ぎず、そういう事もあるのかも。

 

■日本というか日本人自体が海外からジャンジャン人呼ぼうなんていう気はない気はするよね。アメリカは移民の国で、オープンだから比べられない。

 

GDP世界第3位という経済規模や技術力への評判などを考えればもっと人気があって良さそう。ただ日本企業自体知名度が高くないのでは?後世界的に飛びぬけた企業が少ないのも影響しているかも。

 

■日本企業は日本人で支えられてきた。今までも、そしてこれからも。

 

ジャパン・アズ・ナンバーワンを取り戻せ!

 

■日本人は日本経済が既に天井にあるかのように考える人が多いけどそれは間違いだと思う。日本にはまだまだ可能性があるのに自分達でその可能性を信じないでどうするのか!200年後に振り返れば日本は再び急速な経済成長を遂げていたなんて事も有り得ない話じゃない!

 

■まぁアジア人自身も欧米を上に見るような考えの人が残念な事ではあるけど多いのが実情。その欧米とこれだけやりあっている日本企業は凄いとは思う。

 

■最近は昔の反動か日本を賞賛するメディアが多いけど、少し過剰だとも感じている。観光客だって増えたとは言え欧米に比べて少ない。ただ日本に興味がある人が増えてきた事は良い事だし、未来のランキングが変われば良いですね。

 

■やはり世界的なブランド力が日本企業は劣ります。あのトヨタですら海外ではどこの国の自動車メーカーか答えられない、若しくは時間が掛かる人もいるくらいです。

 

■どういう基準で就職先を探しているのかが気になります。

 

■この世界では欧米というだけでブランドがある。これは人間が作り出したものに過ぎませんが、そういう人が多いのが現実です。現実の世界では世界の中心は米国で欧米が周囲を囲み、その外に日本や中国があり、アジアがある。

 

■日本人が思っている程に日本は意識なんてされていないって事だろう。

 

■ヨーロッパで暮らしていて思うのは、アジアの企業がこの上位にランクインする事は欧米諸国の人達には心の中では受け入れられないだろうという事。

 

■日本企業を知らないだろうけど、日本人も海外の企業を知らない。日本は内向きだし、日本と世界の関係性ってそういう感じなのだと思う。

 

■ランキングに入っているだけでも凄いよ。

 

■いきなりうちの小企業の名前がここに載ったらビックリするだろうな(笑)

 

■世界がどう思おうが日本は素晴らしい国だと思う。ただ、ブラック企業など解決しなければならない問題も多い。

 

■ドイツもトップ10には入っていない。それでもドイツ製と日本製の信頼度は世界でも抜群ですし、こんなランキングは関係ない。

 

■俺の会社は300億位くらいかな。

 

■日本企業の労働環境が最悪というイメージは多くの外国人の頭にあると思います。それは事実な部分もあるんだろうけど、日本や日本企業を下に見たいという気持ちも影響していると感じます。

 

■日本人という世界的にも優秀な民族を雇えば良いでしょう。それは日本企業には最高の人材が揃うという事です。

 

■日本企業は爆発力というか、おもしろ味を感じられない部分はありそう。

 

■日本企業の多くはどうすれば昇進できるのかが明確でないという事を主張している人もいましたよ。単純に成果を出した人が年も関係なく昇進できればやりがいも多いでしょうね。特に海外企業に行こうという意識が高い人には。

 

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。