意見対立ですよ!

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

【手足が冷える】『冷え性対策』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概要

夏でも冷え性に悩まされる方もいますが、冬になれば一層酷くなり、また冷え性で悩まされる方も多くなります。

 

少しでも改善できるよう、他の方の意見を取り入れるのも良いのではないでしょうか。

 

 

日本国民の声!

冷え性は辛い・・・。

 

■まず病院では治せないですよね。

 

■毎日のウォーキングをすすめます。筋肉がある程度あると、ポンプの役割が強まるので手足の毛細血管まで行き渡るようになります。

 

■半身浴で体の芯から暖まってください。

 

■方法はなんでも良いですが筋肉を付けるのは重要だと感じます。冷え性以外にも筋肉があって損はないですよ。特に高齢になったら筋肉不足で生活に支障が出る人もいるので。

 

■体の基礎代謝を上げる事が重要だと思います。少し早めの散歩なんかが良いのではないかと思います。楽しいものですよ?

 

■靴下を重ねて履くと良いと聞きやってみたのですが、根本対策にはならないと感じました。

 

■体を冷やさない努力も必要です。暖かい服装や食べ物にも気をつけてください。しょうがなんかは良いですよ。

 

■その場しのぎではなく、長期的な事を考えて体質改善した方が良い。

 

■ピーマン、特にそのワタが栄養豊富で冷え性にも効くと聞いた事がある。まぁ毒ではないだろうから試してみるのも良いのでは?

 

■ストレッチで血流をよくするのはどうでしょう?手頃ですし、何もしないよりは良いと思います。

 

■生活習慣を見直してください。

 

■暖かい靴下を履いて寝るとそれだけで寝つきが違うので試してください。

 

■着圧ソックスが評判良いです。むくみにも効くらしいです。

 

■男性より女性に冷え性が多い事を考えると、筋肉量が影響しているのではないかと思います。

 

冷え性の根本原因は自律神経の乱れです。女性ホルモンの変動が大きい女性は自律神経も乱れやすいです。ただ、確かに筋肉量なども無関係とは言えないでしょう。

 

■ストレスを減らしていく。

 

■ニンニクや生姜を積極的に取っていますが、多少は良い気がします。

 

■簡単な問題ではないんですよね。本当に多くの人が苦しんでいますね。

 

■体を動かす機会が少ない方はまず運動を取り入れてみてください。体も極力冷やさないように注意してください。

 

■女性はファッション優先で冬でも足を出して歩いている人もいますからそれが良くない。体は冷やさない方が良いですよ。

 

■体温が低く寒さを感じるのはストレスになりますから冷たい飲み物や食事は控えてください。体を温めましょう。

 

■糖分を控えたら改善したという話を聞いた事があります。

 

■体全体が冷えているのか、手足の先が冷えているのかでも違います。体全体が冷えているのであれば基礎代謝を上げる、つまり体温をあげれば良いです。そして、体を冷やさない。手足は自律神経から来ています。

 

■長風呂や熱い風呂は自律神経や体への負担も大きいです。避けた方が良いと思いますよ。

 

■冷たい物をよく摂取するなどの影響で現代人の体温は下がっているという話があります。免疫の関係など、体温は高いほうが良い。

 

■飼い猫の手足を触っても冷たいです。体温を下げないように血流を調整しているという説もありますよね。冷え性は良い事なのでしょうか?

 

■赤子はまさに手足の血流を調整する事で体温調整をしている。だから手足が冷たい事がある。ただ、これは体温調整機能が未熟だからであり大人はその必要性はないと私は考えるので、冷え性は良いものではないと思う。

 

■良さそうに思った事はどんどんやったら良いと思いますよ!

 

サプリメントを活用して足りない栄養素を補うのも良いと思います。

 

■そんな事やってもって思う事でもそれが効いたのかは不明ですが改善されたという人は実際いますからね。原因は人それぞれなのでやってみたら良い。

 

NHKの試してガッテンという番組で対策が紹介されていましたよ。

 

■私も冷え性なので辛さがよく分かります!

 

■生姜湯を飲んだら体がポカポカ温まりますよ。

 

■皆さん、冷え性解消に向けて頑張りましょう!

 

■寝る時は靴下を履くと血流が悪くなり逆効果と聞きました。電気カーペットは脱水症状を起こしかねないので、私は湯たんぽを活用しています。

 

冷え性と低体温症は違う。

 

■明確な答えがまだない。

 

 

最後に

冷え性の原因の多くは自律神経の乱れにあると言われています。

 

手足の先にある毛細血管には自律神経(交感神経・副交感神経)が張り巡らされ、交感神経の働きが優位になる程この毛細血管を締め付けて血流を遮断、副交感神経が優位になる程この毛細血管を緩めて血流を促進するという仕組みがあります。

 

つまり、交感神経が過剰に働く事で暖かい血流が手足の先に届かず、冷たくなっているのが冷え性の多くの原因と言われているのです。

 

自律神経とは自らの意思で動かすのではなく、無意識のうちに働いているもので、生命維持に役立つ重要な働きをします。

 

この自律神経の働きが乱れていると、不必要な働きをし、逆に不快な症状が出てしまうのです。

 

交感神経は狩りや敵に遭遇した時に身を守る為の働きもします。

手を発汗させ武器をしっかり握らせ、また手足の毛細血管を締めて、血圧を上げて、心拍数を上昇させる事で戦いや逃げる動作をすぐにできる状態を作ります。

 

現代の日本ではなかなか必要はないですが、このような名残が残っていると言われています。

 

その為、不必要な時でも交感神経のみが過剰に働くような自律神経の乱れがあると、このような冷え性になってしまうと言われています。

ただ、原因はこれだけではなく、他にも毛細血管の数そのものが減っているなどの場合もあります。

 

緊張した時に手足が冷たくなっている経験があると思うのですが、まさにそういう状態です。自律神経が乱れて過敏になっている事で、不必要な場面でも作動してしまっているのです。

 

夏であれば外気が暖かいので感じにくくても寒い冬だと冷えを特に感じるでしょうし、また寒さがストレスとなり、自律神経の乱れを促進するという事もあるでしょう。

 

そういう意味では体を温める事はプラスだと思いますし、また運動で基礎代謝を上げるのも良い事だと思います。

ただ、根本的には自律神経の乱れを改善する事が重要だと思います。

 

更に、運動や筋肉量が増やす事でポンプ作用が強まり、毛細血管の数を増やす、若しくは減らさないようにする事にも繋がるので、これらは自律神経というより毛細血管が少なく、血液が行き渡りにくいというケースにも有効でしょう。

 

自律神経の乱れに心当たりがある方はこれの改善を目指すのが得策だと思います。

 

早寝早起きが出来ていない人はまずはこれを続けてもらえればと思います。

 

もちろん、異論もあるのでしょうが。