意見対立ですよ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

【北方領土問題】『プーチン大統領、訪日前に改めてロシアの領土問題を否定』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概説

15日の訪日を控えたプーチン大統領が日本のメディアからインタビューを受け、次のように答えています。(※分かりやすく質問形式にしています。)

 

Q「ロシアに北方領土問題はあるか?」

A「ロシアにはそもそもいかなる領土問題も全くないと思っている。日本がロシアとの間に領土問題があると考えているのだ。」

北方領土の主権は明確にロシアにあると考えている。

 

Q「安倍首相が示している8項目の経済協力プランは平和条約締結の条件?」

A「条件ではない。これは必要な雰囲気作りだ。」

⇒平和条約締結の条件ではないが、内容次第では締結に近づくかもしれないよ。

*8項目の経済協力プラン

(1)健康寿命の伸長

(2)快適・清潔で住みやすく、活動しやすい都市作り

(3)中小企業交流・協力の抜本的拡大

(4)エネルギー

(5)ロシアの産業多様化・生産性向上

(6)極東の産業振興・輸出基地化

(7)先端技術協力

(8)人的交流の抜本的拡大

 

Q「北方領土問題や平和条約締結の可能性は?」

A「チャンスはある。パートナー(日本)の柔軟性にかかっている。」

⇒日本がどれだけ妥協できるかにかかっている。

 

Q「日ソ共同宣言では平和条約締結後、少なくとも歯舞群島色丹島を日本に引き渡す事を確認。日本は残りの2島も含めた4島の帰属問題解決後に平和条約を締結する考えだが?」

A「1956年の日ソ共同宣言には(歯舞・色丹の)2島(の引き渡し)しか書かれていない。(4島返還要求は)56年宣言の枠を逸脱し、まったく違う状況になる。」「共同宣言の枠を超えている。全く別の話で別の問題提起だ。」

⇒日ソ共同宣言には平和条約締結後に2島を引き渡すとしかない。現在、平和条約締結の話があるのでこれに関係して2島の話が出るのは分かるが、他の2島は無関係。

*ちなみに2島についても引き渡すとあるだけで、主権がどちらに帰属するのかは明記されていないなどの主張もしている。

 

Q「話が出ている北方領土での共同経済活動については?」

A「さまざまな可能性がある。1島、または2島、3島、4島で行う可能性を検討する用意がある」「重要なのは条件だ。」

⇒ロシアの主権の下、北方領土で共同経済活動を行うよう求める。

 

Q「平和条約締結が実現した場合、歯舞群島色丹島の引渡しの形は?」

A「それを話し合うのは時期尚早だ。もし首相と日本政府がこの宣言に立ち返るというのなら、われわれは話し合うだろう。」

⇒我々が解釈する日ソ共同宣言に基づくのであれば話してもいい。

 

Q「クリミア編入問題に関する日本からロシアへの経済制裁については?」

A「なぜウクライナ、シリアの問題を日露関係に結びつけるのか。」「制裁を受けたまま、どうやって経済関係をより高いレベルに発展させるのか。」

経済制裁を解除しろ。

 

また、ロシア政府高官も北方領土問題と平和条約締結に関して「これまでにない非正規のアプローチが必要で、非常に長い時間がかかる」と述べています。

更に、ロシアの大統領補佐官(外交担当)は平和条約問題に関して「期限を設けるのは適当ではない」と述べています。

 

プーチン大統領のインタビューにもあるように、ロシアから経済制裁の反発がありますが、領土問題の進展の為、安倍首相はロシアへのビザ発給要件緩和する事とし、事実上制裁緩和にも踏み切っています。

ただ、その後もプーチン大統領やロシア高官が経済制裁について批判しているように更なる緩和や解除を求めていて、日本が領土問題解決に前のめり過ぎていたり、米露関係の修復の見通しなどで足元を見られているのではないかという国内の声も多く、また国際社会の強調を乱すとして反発を受ける可能性すらない訳ではありません。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000026-jij-pol

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000021-mai-int

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000086-san-eurp

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00050110-yom-pol

出典:http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/rss/page3_001680.html

 

 

ロシアの考えのまとめ

・日本の皆さん、北方領土4島の主権はロシアにあるんですよ!

・ロシアの経済状況は好ましくないので「8項目の経済協力プラン」「ロシアの主権の下での北方領土の経済協力活動」「経済制裁の緩和や廃止」は歓迎します!

・経済協力が活発化するなどロシアに大きな利益があるのであれば平和条約締結が近づいてきますよ?そうなれば日ソ共同宣言の2島を引き渡す事もない訳ではないですが、それでも主権はロシアにあると解釈しています。

・そういう事なので経済協力の話をどんどん進めて、領土の話は気長にやりましょうや。

・とにかく北方領土問題や平和条約締結の行方は、日本の皆さんが以下に妥協できるかにかかっている事を理解してくださいね?繰り返しますが北方領土はロシアの領土なんですから。

・さぁ、日本へ大統領が向かいます!よろしくお願い致しますね!

 

 

日本国民の声!

北方領土問題を含めた平和条約のみならず、経済協力についても期限を設けずに気長に話し合いましょうか。

 

■何かロシアは自分達の事ばかり考えすぎて交渉の余地がなさそうに感じてしまう。

 

北方領土の島民の方は残念でしょうが、焦って交渉しない方が良い。

 

■安倍首相が前のめり過ぎてどんどん足元を見られている。

 

■そもそも北方領土が返還される事にどれだけの価値があるのかも冷静に判断した方が良いのでは?人口減少、過疎化の進行がある訳ですし。

 

■経済協力だけはして欲しいなんて虫が良すぎる。とことん話が通じない相手。

 

■マジでクソだな。

 

■何が正しいか、ロシア国民も客観的に考えてみて欲しい。

 

■元々領土問題は話し合いが難しいし、最終的には戦争の事案。軍事的な自由がない日本は交渉で大きな不利がある。

 

■ボーナスタイムだ!まだまだ日本から引き出せるぜ?なんて笑ってたりして。

 

■この状況で首脳会談をする必要があるのかな?こんな状況を作っておいて日本に何しに来るの?(笑)

 

■とにかく焦ってはダメですよ。絶対に!

 

■日本も憲法改正が急務。ロシアのせいで空自はスクランブル発進を何度もしている。

 

■最近の安倍首相の行動に違和感がある。何をそんなに焦っているのだろう。

 

■もう国民は期待してないでしょ。こんな話最初からはじめなきゃ良かったのに。

 

■アメリカの国務長官がロシアとズブズブな人が指名されましたよね。ロシアはますます足元を見てきますよ。

 

■領土問題が大きく動くかのような報道をしたメディアにも問題がある。

 

■安倍首相は1度考えを国民に話して欲しい。一体何を考えているのか分からない。

 

■そもそも北方領土の主権がどこにあるのかをはっきりさせた方が良いのでは?ロシア国民は教育の成果で本気で自分達の領土だと考えているよ。

 

■こんなわがままな奴らが身近にいたら最悪だな(笑)

 

■日本政府はあくまで北方領土の返還が前提で、この進展がなければ経済協力も平和条約締結もないと明言したらいい。それで交渉決裂になるなら再び時が流れる待ち、その時を待てば良い。

 

■ロシアが少し変わらないと進展しないだろ。

 

■ロシアはいい加減にしろよ!人の道を外れている!

 

■ここまでロシアへの感情を悪化させている事や無茶苦茶な発言を考えると、プーチン大統領もそこまで外交が上手いという訳でもなさそうだな。

 

■こんな事になるなら徹底的に経済制裁でもしてやれば良かったのに。

 

■簡単な事じゃない。ロシアやプーチン大統領にも事情がある。

 

在日米軍基地もロシアは懸念しているようだけど、これはクリアできない事ではないと思う。

 

■今回はプーチン大統領に観光に来てもらったら?話し合いもそこそこにのんびり温泉で休んでもらい、美味しい料理を食べてもらうだけで良いよ。

 

プーチン大統領にはロシア国民が、安倍首相には日本国民がいるので、そう簡単な話ではない。

 

国際司法裁判所でどの国の領土か判断してもらう事はできないの?

 

■2島を引き渡すが主権はロシアって意味不明。

 

■日本政府は経済協力は日本にとっても有益と言ってるが果たして・・・。

 

■最近の安倍政権の行動は保守層にも不満があるんじゃないかな?安倍政権を根底から支える保守層がいつまでも支え続けるとは限らない。

 

■大声で何しに来るの!?って叫びたい。

 

■安倍首相だって国民や国際社会の批判を覚悟で解決の為に動いているのに、プーチン大統領は国内に反対派がいれば何もできないのか!?

 

■盗られた物は取り返せ!!!

 

■日本はかなり歩み寄っているけどロシア側にその気配すらない。優秀な大統領になる日を待つしかないのかな。

 

■この状況で日本に来られるのも迷惑なんですが・・・。

 

■本当は4島返還とこれまでの使用料や島民への損害賠償を要求して欲しいくらいだ。

 

プーチンは国民や組織を説得する努力をしているのか?経済協力だけしてロシアは何もしませんじゃ通らんぞ!?なぁ?

 

■会談に遅れてくる人がいたり、今となっては交渉に相応しいかどうかすら疑わしい。

 

北方領土が返ってきても有効活用できるのかな・・・。

 

■メディアで返ってくるだのなんだの言っていた人が結構いたけど全然そんな気配がないじゃないか。トランプ氏の予測も外れているし、イギリスのEU離脱といい全然分かっていないじゃないか。

 

■ロシアはアメリカにアラスカを売却した事があるし、北方領土にそこまでロシアが価値を見出しているとは思えない。これだけの経済協力があればロシア国民を納得させる事もできるでしょ。

 

■結局ロシアは返す気なんてないんでしょうよ。

 

■こうやってガチンコで交渉しているだけでも進展なのかもしれない。こうやってぶつかりあわなければ領土なんて返ってこないよ。

 

■ここでどこまで踏ん張れるかだ。土俵際でこそ冷静であれ。

 

 

最後に

日本よりロシアの方こそ柔軟性が必要な気がします。

カッチカチだと思います。

 

ロシアは、ロシア国内の反対派を納得させる為に必要な経済協力、それも今後の日本との関係が良好でいられるような常識的な範囲で日本政府と交渉し、それが決まればこれは安倍首相とプーチン大統領がそれぞれ国民を納得させるという国内問題とする。そして、米軍基地や島民の問題などのお互いに懸念される事項をクリアしていけば・・・なんて言うのは簡単と言われそうですが、できない話でもない気がするのですが。

 

その為にはロシアも返還の決意と要求に限度を設ける必要があると思います。

そういう柔軟性がなければ話はこのまま平行線です。

このようなロシアの態度を変える為にも日本側も交渉のスタンスを変える必要があるのかもしれないですね。

 

ちなみに、安倍首相は日露首脳会談について次のように語っています。

「私の世代で、この問題に終止符を打つ。この決意で臨みたい」

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/12406280/