意見対立ですよ!

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

『好きな新海誠氏の作品』で意見対立!

【スポンサードリンク】

概説

新海誠氏の作品ランキング

1位(68P)

言の葉の庭

2位(66P)

君の名は。

3位(46P)

秒速5センチメートル

4位(19P)

雲のむこう、約束の場所

5位(11P)

ほしのこえ

6位(10P)

星を追う子ども

7位(7P)

猫の集会(短編)

8位(5P)

だれかのまなざし(短編)

9位(4P)

彼女と彼女の猫(短編)

※1位4P・2位3P・3位2P・4位以下1Pで計算

※他にも短編アニメ映画があります。

 

あくまでも参考程度に捉えてもらえればと思います。

1位の声は若干「君の名は。」の方が多かったのですが、総合得点では僅かの差で「言の葉の庭」が1位となりました。

 

君の名は。」を見た人は、他の作品を見てみるのも良さそうですね。

こののブームにより、他の作品にもより、陽が当たりそうです。

 

 

日本国民の声!

■どれが好きかどうかは人それぞれだと思うけど、私は「君の名は。」が1番好き。

 

■「ほしのこえ」の音楽が良かった。

 

■どれも別に好きになれない。心に響いてこなかった。

 

■「言の葉の庭」はなんかグッと来た覚えがある。

 

■「星を追う子ども」が結構好き。ジブリっぽいけど。

 

■「言の葉」と「君の名は。」と「秒速」がベスト3だと思っている。

 

■「雲のむこう、約束の場所」はあまりにも退屈だった。

 

■「君の名は。」が人気出てるけど「言の葉の庭」も根強い人気があります。

 

■「君の名は。」は新海監督の作品の最高傑作だと思う。ストーリーもよければキャラクターも良いし、音楽も素敵でした。

 

■今「君の名は。」が流行っているけど「言の葉の庭」が私は1番好き。

 

■「雲のむこう、約束の場所」は話を理解できないと評判ですし、自分もその一人ですが、なんか好き。

 

■昔からのファンとしては「君の名は。」のブームに複雑な気持ち。

 

■「君の名は。」がブームですが、僕は期待はずれで残念でした。

 

■「だれかのまなざし」が自分は1番好きです。

 

■猫好きには「彼女と彼女の猫」をすすめてみる。

 

■「君の名は。」がハッピーエンドで終わった感じが意外というか、らしくない・・・。

 

■新海氏の作品は全て好きですが、あえて言うなら「秒速」ですかね。

 

■「秒速5センチメートル」は作品としての完成度が高い。

 

■「猫の集会」が好きですね。

 

■新海監督の作品は内容がギッシリ詰まっているような感じではない。スカスカという

か・・・。

 

■好き嫌いは色々あれど「君の名は。」は間違いなく新海監督の代表作でしょうね。

 

■新海監督の作品の1番の魅力は背景とかの映像美だと思う。

 

中二病のような作品でつまらないと言う人もいますし、受け止め方は人それぞれです。好きな人は本当に好きですよ。映像の素晴らしさは多くの人が認めるのではないでしょうか。

 

■「秒速5センチメートル」が泣けた。

 

■「雲のむこう、約束の場所」の内容は1度見たくらいでは理解しにくいですが、なんか良いなって感じがするんですよね。

 

■「ほしのこえ」という作品はほとんど一人で作ったみたいですが、すごいですよね。

 

■「君の名は。」は新海監督の昔からのファンの一部からは新海監督らしくないとあまり好かれていなかったりしますね。

 

■新海作品は絵の綺麗さが大きな魅力だと思うね。それだけでもある程度見られるというか、武器になるんだよね。

 

■「雲のむこう、約束の場所」を見たいけど、ストーリーが複雑らしいので躊躇する。

 

■「君の名は。」はハッピーエンドの終わり方にしても万人受けする作品を作ったなぁという印象。この監督の作品はストーリー重視というより映像で魅せるタイプの監督さんですよね。

 

■「星を追う子ども」は複数回見てこそ、おもしろさが分かる作品だと感じます。

 

■まぁこればっかりは人それぞれの好みだね。