意見対立ですよ!

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

『英語が話せる日本人が少ない事』について意見対立!

【スポンサードリンク】

 

英語が話せる日本人が少ない事についてのそれぞれの主張

■日本人の英語力が低いのは英語教育の問題と主張する人がいるけどなんでも得意な人と不得意な人がいると思うのですが。

 

■英語でもなんでも勉強しなければどうしようもありません。コツコツと勉強した人は話せるようになるし、そうでない人はそうはならないのは当然の話。

 

■私は日本の英語教育はインプットばかりでアウトプットが少なすぎると感じます。だからテストはできても話せないという人が多いのだと思う。

 

■日本で生活するのに英語なんて使う人はごく僅かだからだと思います。もし日本でも英語を使う機会が多ければ必要に駆られて勉強するでしょう。他の教科に比べても特に意味のないものと思う人が多いから勉強しないのでしょう。

 

■日本では英語は馴染みが少ない。授業中ネイティブに発音すれば笑われる、若しくはそれに近い状態になる雰囲気もあると思う。

 

■英語を覚える事で凄いメリットがあるなら勉強するけど日常生活で英語を話す機会が年に1回すらない。

 

■昔とは違い今の時代日本語が使えれば必要な事は大体学ぶ事ができる。昔に比べても更に必要性がなくなったと思う。

 

■英語なんて必要な人だけ話せば良いのです。ほとんどの日本人は英語なんて全く使わないのですから。だから英語力が低かろうが高かろうが関係ないです。

 

■英語を覚えたとしてもそれを生かす場がない。正直割と簡単に覚えれそうな気はするので勉強してみようかなと思う事があるのですが、使う場がないので優先順位を下げた方が良いのかなと思いとどまる。

 

■昔からこの状況だけど日本は問題なく先進国であり続けている。ほとんどの人に英語は必要ないという事では?

 

■どの国でも英語教育のやり方に対する批判の声はあるものですよ。

 

■他の国がペラペラという主張もありますが、なまりが強くて聞き取れないような人も多いですよ。

 

■必要がないからというのは開き直りに過ぎない!先進国としてもっと英語を話せるようにしろ!

 

■私は仕事柄海外を飛び回るのですが、日本人の英語力の低さは感じますね。

 

■日本語の完成度は世界でもトップレベル。だから日本語が話せれば大抵の事が学べます。他の国ではそうはいかない事が多いのです。必要の度合いが違うのです。

 

■日本人は英語を話す事に臆する傾向がある。

 

■映画ファンで子供の頃から字幕の洋画を見ていた人はそれだけで日常会話レベルの英語ができるようになったらしい。

 

■日本人でも幼少期に海外で生活していた人くらいじゃない英語がしっかり話せる人は。

 

■母国語が英語に似ているかどうかもポイント。日本語は英語と結構離れている。日本語では発音しないような音が英語にはあり、またその逆もある。

 

■確かに外国に行けばペラペラ話せる人は日本より多いけど、発音についてはなまってる人も多いし日本人だから特別下手という訳でもないと思う。

 

■今や日本に来る人も日本語を勉強してる人が多い。それが筋でもあると思う。

 

■昔のように海外に出向いて学ぶ為に英語が必要という時代じゃなくなった。今や日本も世界のトップレベルにあり逆に海外から学びに来る人がいるくらい。

 

■日本は文法中心ですが韓国などでは会話が中心。それで英語を話せる人が少ないのであれば英語教育の方法がベストではないという事。他にも原因はあるけど。

 

最後に

日本では英語を話す機会が少なく、覚える事の必要性が少ないから英語の勉強に力を入れず、話せる人が少ないという意見が多かったです。

少し前にアジア系の外国人カップルに道を聞かれましたがカタコトでしたが日本語を話していました。最近は日本に興味を持つ人が多く、日本語を勉強している人も結構いるみたいですね。