意見対立ですよ!

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

風邪薬を積極的に『飲む派VS飲まない派』で意見対立!

【スポンサードリンク】

はじめに

世の中には風邪をひいたと感じたらすぐに風邪薬を飲む人もいれば、ギリギリまで飲まない、または飲まないような人もいます。

風邪をひいたときに風邪薬は積極的に飲んだ方が良いのか、それともできるだけ飲まない方が良いのか。

日本国民 の反応です!

 

 

日本国民の声!

飲まない派1号さん
「今は飲みません。風邪を引いたら薬を飲むのが当然のように親からも言われてきたけど風邪を治せる薬なんて存在しないですよね」

 

飲む派2号さん
「薬剤師から風邪薬を飲んだ方が早く治ると教えてもらった事があるので私は飲んでいます」

 

飲まない派3号さん
「風邪薬はあくまでも対処療法で、症状を緩和させる事はあっても風邪を早く治す効果はないですよ」

 

飲む派4号さん
「風邪薬を飲むと胃が荒れて大変なのですが、仕事があるので風邪を早く治すために風邪薬を飲んでいます」

 

不明派5号さん
「ネットでは風邪薬はできるだけ飲まない方が良いと書いてあったのですがどっちが正しいのでしょうか」

 

飲む派6号さん
「風邪を引いたなら黙って風邪薬飲めよ。周りは移されたら迷惑なんだぞ!」

 

飲まない派7号さん
「風邪のウイルスそのものに効く薬は存在しません。熱や鼻水などは体が風邪を治そうとしている状態なので薬で熱を下げればその効果が減少し、また鼻水を止めればウイルスに排出にも支障が出ます。結局風邪を治すのは人間の自然治癒力なんですよ。ただ余程酷い場合は薬を使ってコントロールする必要がありますけど」

 

飲む派8号さん
「私は少しでも風邪を引いたかな?と感じたらもうその段階で薬を飲みますねぇ」

 

飲まない派9号さん
「風邪そのものに抗生物質は効かないのに処方されるけどあれはどうなんだろう」

 

飲む派10号さん
「親が風邪を引いたら薬を飲め飲めうるさかったから薬を飲む習慣になっています」

 

飲まない派11号さん
「私は飲まない派です。薬そのものは基本的に体によくありませんし、ウイルスを退治する為に体は熱を出しているのに解熱剤を安易に処方するのが理解できません」

 

飲まない派12号さん
「実際日本は薬を使いすぎだと思う。薬なんて風邪の症状が余程酷くならない限り飲まない方が治りやすいし、中長期的に体の為にも良い。でもそれだと病院も製薬会社も儲からないんでしょうね」

 

飲まない派13号さん
「アメリカではビタミンCを処方する所が増えてきているという話を耳にした事があるけど、そっちの方が体の為に良さそう」

 

飲む派14号さん
「病院が薬を出しているんだから薬は飲まないとダメでしょ。風邪を早く治したいなら」

 

飲む派15号さん
「薬を飲まない人は少数派だと思うよ。」

 

飲まない派16号さん
「風邪薬を飲んだら症状が緩和されて一時的に多少は楽になるかもしれないけど完治するのに時間が掛かるようになるという研究結果も出ています」

 

飲む派17号さん
「私は漢方薬を飲むようにしています」

 

飲まない派18号さん
「風邪薬って飲んでも症状が緩和された実感がないというかどっちにしても辛くない?だったら重症じゃないなら飲まない方が良い気がする」

 

飲む派19号さん
「風邪薬は飲むけど毎回余って捨ててる。だから毎回病院で薬もらってる。というか出されるし」

 

飲む派20号さん
「毎回しっかり飲んでるよ。てか時間通り飲まないと効果が薄れるのかとかそっちの方が気になる」

 

飲む派21号さん
「ちょっとした事でも飲んでしまうのでそれは良くないんじゃないかと思っています」

 

飲まない派22号さん
「医者の7割くらいが風邪を引いても風邪薬を飲まないだかっていう結果を前に見て正直「えっ!?」と思った。自分達が飲まないのに出すなよ・・・。」

 

飲む派23号さん
「風邪薬飲みたくない奴は飲むな!いいか?二度とだ!」

 

飲まない派24号さん
「いずれ日本でも風邪薬の処方が慎重になる日が来るかもしれませんよ。医療費の問題もありますから」

 

飲む派25号さん
「そんな事より風都酒の相性はどうなんだろう。飲んで良いのかな」

 

飲まない派26号さん
「細菌による風邪かどうかすら区別のつかない医者が多いので抗生物質を念の為に処方しているのだと私は感じています」

 

飲む派27号さん
「風邪を引いたら薬を飲むのは当たり前じゃないですか」

 

飲まない派28号さん
「症状がかなり辛いなら飲んだら良いけど薬には副作用もありますから。症状などから色々な事を考えて最終的には判断したら良いとは思います」

 

飲む派29号さん
「薬は当然のものとして服用しています。市販でも売っていますし」

 

飲まない派30号さん
「実際飲んだら良いのか飲まない方が良いのかいつも迷います」

 

飲む派31号さん
「風邪薬を飲んだら症状がかなり楽になります。風邪薬を飲まない方が良いなんてデマでしょ。そんな情報信じてはいけません」

 

飲む派32号さん
「風邪薬を飲むと治りが遅くなるとかいう素人の戯言に騙されてはいけないですよ。風邪薬には症状を抑える成分が現実に入っているじゃないですか!」

 

飲まない派33号さん
□「最近では医者の中でも風邪薬は安易に飲まない方が良いと言ってくれる良心的な人もいますよ。基本的には安静にして水分を取り自然治癒力に任せましょう。熱が38度を超えるような場合は薬に少しだけ頼ってみるのも1つの手ではありますがね」

 

飲む派34号さん
「風邪薬はあくまで対処療法ですが、辛い症状を放っておけばそれがストレスとなり不眠などにもつながり治りを遅くします。総合すると飲んだ方が良いですよ」

 

飲まない派35号さん
「風邪薬の抗生物質は体に良いビフィズス菌なども殺してしまいます。最近は腸内環境の書籍が色々と出ているので知っている人も多いかもしれませんが腸内環境は精神的にも良い影響を及ぼす程とても重要なのです。風邪薬があくまで対処療法に過ぎない以上、安易には飲まない方が中長期的に良いと考えます」

 

飲む派36号さん
「最近は素人が偉そうな事を言いやがるから困ったものだ。私はこれからも飲み続けます!高らかに宣言します」

 

飲む派37号さん
「最近インターネットでも風邪薬について色々と言われますが全部嘘だと思いますよ。信じられません」

 

飲まない派38号さん
「私は細菌の研究をやっていますが抗生物質を飲みませんし、仲間達も飲んでいません」

 

飲まない派39号さん
「今は懐疑的な人も多いですが、いずれは風邪薬の実際の事が周知されていくものと私は考えています」

 

飲む派40号さん
「薬剤師ですが風邪だと少しでも感じたら風邪薬を飲み、重篤化しないように心がけています」

 

飲まない派41号さん
「風邪に抗生物質が効かないのに早めに飲んだからといって風邪には意味がないように思うのですが」

 

飲まない派42号さん
「お金が絡む事だから色々な力と力がぶつかり合うのですかねぇ」

 

 

専門家の声!

小児科医・鳥海佳代子氏
「風邪の原因になるウイルスそのものに直接はたらきかけて退治する薬はありません。そのため、一般的なウイルスによる風邪は本人の免疫力で治すもので、薬は補助する役割になります」
「いる薬かいらない薬かというのは、症状や状態それぞれなので、一概には言えません」
 出典:R25

 

太融寺町谷口医院院長・谷口恭氏
「抗菌薬(抗生物質)を飲めば風邪が治ると誤解している人がいまだにいる」
出典:NIKKEI STYLE

 

横浜クリニック院長・青木晃氏
「(※漢方の葛根湯を)体温を少し上げる方向に動き、免疫力を高めるからです。私自身、風邪の引き始めには必ずのんでいます」
「43℃くらいのお湯に経口補水液を飲みながら10分から15分くらいつかります。それから、暖かい寝室で寝る。たっぷり汗をかいたらまた風呂につかる。これを2~3時間の間に3回ほど繰り返す。私はだいたいの風邪は1日で治ります。心臓や腎臓、肝臓などに持病があるかたや高齢のかた以外は、ぜひ試してみてください」
「(※飲むタイミングは)どうしても症状を止めたいとき」
出典:女性セブン2017年2月2日号

 

薬剤師・深井良祐氏
「風邪薬を飲めば症状は軽くなるが、風邪は治っていない。」

「薬によって免疫反応を抑えると、咳で排出するはずのウイルスは体内に残り、熱が高くて活動が抑えられていたウイルスは活動を再開する。その結果、風邪が長引くことになる。」
出典:BEST TIMES

 

国際感食協会理事長・宇多川久美子氏
「まず知らないといけないのは、どんな薬にも副作用のリスクがあるということ。消費者庁の発表によると、2009年から2013年の5年間で報告された市販薬の副作用は1225件。うち死亡例が15件あり、8件が風邪薬によるものです。“市販の風邪薬ならきっと大丈夫だろう”という考えは間違いで、副作用は誰にでも起こりえます」
出典:女性セブン2016年11月24日号

 

薬剤師・武政文彦氏
「風邪をひいたら早めに風邪薬をのむべき」
「風邪薬はつらい症状を和らげて、人間が自然に治っていくことをサポートするんです」
「できるだけ症状に合わせた薬をのむべき」
出典:女性セブン2016年11月24日号

 

外科医・中山祐次郎氏
「風邪の時に飲む薬は、「つらい症状を抑えるために飲む」のであって、治りを早くするものではないということです。ですから、そのために薬を飲むことは構わないと筆者は考えています。大切なことは、それをわかっておく必要があるということ」
「近い将来、日本でも風邪で医師にかかっても薬が出せなくなるでしょう。医療費の肥大はますます深刻になっていきますから、この流れは間違いなくくると思います。」
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20160818-00061200/(出典)

 

 

最後に

当然ではありますが、色々な意見があります。

それぞれの持っている知識や考え方も色々。

中山氏によれば、対処療法としての風邪薬は結果的に自然治癒を早めるか、むしろ遅くなるかで医者の間でも見解が分かれているようです。

医者の中でも薬を飲む人もいればそうでない人もいるようなので、なかなか判断は難しそう。

風邪薬は基本的には対処療法に過ぎないこと、薬には副作用があることなど、風邪薬への知識を高め、それぞれが判断するしかなさそうです。