意見対立ですよ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

【安倍昭恵夫人】寄付金騒動で反省も、普通の主婦強調

概説 2017年3月24日。 相変わらず安倍昭恵夫人に関する寄付金騒動などの対応に、朝から晩まで追われている安倍首相。 当の昭恵夫人は福岡県北九州市で講演を行いました。 昭恵夫人は講演の冒頭で涙ぐみながら「メディアに追っかけられなくてはいけないんだと…

【安倍昭恵VS籠池泰典】『100万円寄付騒動』で意見対立!

寄付金騒動 これまでのお互いの主張や国民の反応を紹介します。 騒動の理由 今回のケースは寄付金を渡すこと自体は法律的には問題がなく、つまり違法ではないと指摘されています。ただ、安倍首相は2017年2月21日に、森友学園への国有地の払い下げや小学校の…

【百条委員会】『石原元東京都知事の証人喚問に対する小池知事の反応』で意見対立!

概説 東京都議会は百条委員会を開き、石原慎太郎元東京都知事への証人喚問を実施。 石原氏は小池百合子東京都知事が都議会に諮ることなく独断で判断し、豊洲市場への移転を延期していると明確に批判。 専門家が問題ないという点、豊洲市場は維持費が掛かって…

【寄付金騒動】『安倍昭恵夫人が寄付を否定』で意見対立!

概説 森友学園の籠池理事長が設立を進めていた「瑞穂の國記念小學院」に関して、安倍総理から100万円寄付されたと籠池氏が主張していた寄付金騒動に進展がありました。これまでの経緯は講演会の際、昭恵夫人から安倍首相の名前で100万円を渡されたと籠池氏主…

【森友学園騒動】『寄付金騒動勃発!安倍昭恵夫人が小学校建設で寄付行為か?』で意見対立!

概説 森友学園騒動の渦中の人物である籠池理事長から、小学校の建設に関して安倍日本国総理大臣から100万円の寄付金があった旨が公表されました。安倍首相は2017年2月21日、森友学園への国有地の払い下げや小学校の認可、寄付金集めなどに関する関与を明確に…

『欧州初めての少女像がドイツに設置』で意見対立!

概説 ドイツ南部バイエルン州のヴィーゼント公園に従軍慰安婦に関する少女像が設置され、除幕式が行われました。 これにより、正式に欧州初めての少女像が誕生したことになります。 ドイツ在住の韓国系住民が主導したようです。欧州初めての少女像誕生に対す…

『安倍昭恵首相夫人が森友学園騒動への思いを告白』で意見対立!

概説 あるイベントに参加した安倍昭恵首相夫人は森友学園騒動に関して初めて次のように思いを告白しました。「いまなんでこういう立場になってしまって、なんでこんなに私は注目を集めてしまっているのだろうと、すごく戸惑っている」「再び総理夫人になって…

『築地市場からヒ素などの有害物質が検出』で意見対立!

概説 築地市場の敷地から1ℓあたり「0.024mgのヒ素(環境基準の2.4倍)」「1.3mgのフッ化物(環境基準の1.6倍)」が検出されていたことが明らかになりました。これは2013年5月~6月に行われた土壌調査結果で、読売新聞が東京都に情報公開請求をして初めて明ら…

『村上春樹の長編小説「騎士団長殺し」に南京大虐殺に関するセリフ』で意見対立!

概説 ノーベル文学賞を受賞するのではと毎年のようにファンの間で話題になる作家、村上春樹さん。その村上春樹さんの長編小説「騎士団長殺し」(新潮社)の中に、南京大虐殺に関するセリフが登場すると産経新聞が報道しています。内容は「おびただしい数の市…

『北朝鮮による弾道ミサイル発射』で意見対立!

概説 近年、朝鮮民主主義人民共和国が弾道ミサイルを発射し、周辺国が抗議するという行動を何度も繰り返しています。 また、その弾道ミサイルが日本のEEZ(排他的経済水域)に落下するというケースも。 このような状況に対して、日本国民はどう感じている…

【築地市場豊洲問題】石原慎太郎元東京都知事支持の声が沸く

概説 築地市場豊洲移転問題について『なぜ豊洲から有害物質が検出されながらも移転を決めたのか』という論点があります。これについて、石原慎太郎元東京都知事は会見で「専門家・専門部局・提言検討委員会・議会などが大丈夫と判断。専門家でもない自分はそ…

【築地市場移転問題】『豊洲の安全性』で意見対立!

概説 東京都江東区豊洲市場の土壌汚染問題に関して東京都はこれまでに9回地下水モニタリング調査を行っています。第8回目の調査結果では201箇所中2箇所から環境基準を上回る有害物質が検出。内容は1ℓあたりヒ素が最大0.019mg(基準値の1.9倍)、ベンゼン…

『東芝メモリ、過半数の株式売却に海外企業が興味を示す』で意見対立!

概説 経営再建の為、東芝は半導体事業の分社化を正式に決定しました。 分社する新会社の社名は「東芝メモリ」。 当初は株式の2割を売却する予定と報道されましたが、過半数を売却するようです。 新会社の経営権には拘らず、1兆円を超える資金調達により財…

『那覇空港の増設工事が尾長知事から許可が下りずに中断』で意見対立!

概説 沖縄県那覇空港の滑走路は1本のみ。 格安航空会社の参入などの影響で需要が増加していたこともあり時間によってはフル稼働という状況。 また1本のみでは何かあった時にどうするか、滑走路のメンテナンス時間が十分に確保できないなどでの問題も抱えて…

天皇・皇后両陛下のベトナム訪問に対する日本国民の反応

概説 2017年3月1日は天皇、皇后両陛下はベトナムを訪問しています。 国賓として招かれた両陛下は歓迎式典への参加、チャン・ダイ・クアン国家主席夫妻と共に会見、ベトナム建国の父と呼ばれるホー・チ・ミン氏の遺体が安置されている霊廟への供花、国家主席…

米国アトランタ市に建設予定の少女像に対する日本人の反応

概説 米国ジョージア州アトランタ市に建立推進委員会(韓国系団体)が従軍慰安婦に関する少女像を設置する計画を進めています。推進委委員会は在米韓国人10人、日本人を含むさまざまな国籍の方15人により構成されていて、ちなみにマイク・ホンダ前下院議…

『韓国外務省のホームページに「東海」のPR動画を掲載』で意見対立!

概説 韓国外務省はホームページに正式な呼称は日本海ではなく東海であることをPRする動画を掲載したと、韓国・聯合ニュースが報道しています。 動画の言語は現在、韓国語版と英語版のみですが、今月中に日本語版と中国語版が公開され、3~4月頃にはスペイ…

元駐韓日本大使「韓国=過酷な競争社会」 韓国人「不愉快だが同意」

概説 元駐韓日本大使の武藤正敏氏が書いた週刊誌「ダイヤモンド」のコラムが話題になっています。武藤氏は「受験戦争」「就職難」「結婚難」「老後不安」「日本以上に高い自殺率」などを例に韓国は過酷な競争社会と指摘し、韓国人に生まれなくて本当に良かっ…

『韓国人、平昌冬季五輪への関心薄れる』で意見対立!

概説 韓国大統領候補者支持率なども行っている韓国ギャラップによる調査では、平昌五輪誘致決定直後は92%が関心を示していたものの、最近の調査では関心を示しているのは48%で、関心を示していない人は49%と関心を示していない人の方が上回っている…

『韓国大統領選挙候補者支持率に異変』で意見対立!

概説 韓国大統領選挙候補者の安煕正(アン・ヒジョン)忠清南道知事の支持率が急上昇しています。 韓国ギャラップの資料によると、安煕正氏の支持率は「1月1週:約3%(4位)」「2月1週:10%(2位)」「2月2週:19%(2位)」と着実に上昇して…

『韓豪通貨スワップ協定が拡大と延長で合意』で意見対立!

概説 韓豪通貨スワップ協定が延長と拡大されることで合意しています。 韓国企画財政部(財務省)は、両国の中央銀行である韓国銀行とオーストラリア準備銀行による、韓国ウォンとオーストラリアドルの融通可能な枠を従来規模の2倍となる100億オーストラリア…

『潘基文前国連事務総長、ハーバード大学大学院の特別功労教授になる』で意見対立!

概説 韓国大統領選挙への出馬を断念した潘基文前国連事務総長ですが、ハーバード大学大学院の特別功労教授になるオファーを引き受けたと韓国メディアが報じています。 具体的にはハーバード・ケネディスクールというハーバード大学に設立された公共政策のプ…

『ロシア、日本にTHAAD配備しないよう要求』で意見対立!

概説 ロシアが日本に対しTHAADミサイル(米軍)を配備しないよう求めていることを産経新聞が報じています。 韓国への配備は既に決まっていますが、日本でもTHAAD配備を検討する考えを防衛省は示しています。ただ予算の問題などがあり決定まではしていません…

『「共に民主党」駐日韓国大使の帰国を要請』で意見対立!

概説 韓国最大野党「共に民主党」禹相虎院内代表が、安倍首相が公館前の少女像を撤去するまで駐韓日本大使を韓国に戻さないことについて「韓国を友好国に考えているかどうかが分からない。韓国のプライドを踏みにじる発言をしていることに憤りを感じる」と発…

『台湾、改めて尖閣諸島の領有権を主張』で意見対立!

概説 訪日したマティス米国国防長官が沖縄県尖閣諸島は日米安全保障条約の適用範囲という見解を示したことに対し、台湾外務省が反論しました。 台湾外務省は「(尖閣諸島は)台湾に付属する島であり、歴史、地理的にも固有の領土であることに疑いを抱く余地…

【特恵関税制度】【5カ国除外】『中国は発展途上国』で意見対立!

概説 財務相は2016年11月24日に開かれた「関税・外国為替等審議会」で「特恵関税制度」を見直し、中国・メキシコ・ブラジル・タイ・マレーシアの5カ国をこの制度から除外する方針を明らかにしている。 特恵関税制度とは、発展途上地域や国の経済発展を支援…

『韓国サムスン転落、中国メーカー躍進』で意見対立!

概説 米国の調査会社「ストラテジー・アナリティクス」によるアジア・太平洋地域でのスマートフォン市場調査では、2016年1月~9月までは「サムスン電子」がシェアで首位を維持していましたが、10月~12月は5位に転落したことが明らかとなりました。 新たに首…

『韓国人のやさしさ、少女像に防寒用品殺到』で意見対立!

概説 韓国・釜山の日本総領事館前に設置された従軍慰安婦に関する少女像に対し、韓国市民から平和を願うメッセージや防寒用品が殺到していると韓国メディアは報じています。 著作権から載せられないのですが、像には帽子や防寒着が着せられています。 日本国…

『韓国、少女像の次は「強制徴用労働者像」』で意見対立!

概説 韓国・仁川にある65の市民社会団体で構成される「強制徴用労働者像建設推進委員会」が、今年の8月を目標に、冨平公園に設置された従軍慰安婦に関する少女像の近くに「強制徴用労働者像」を設置する計画があり、4月までに制作・設置費用として約98…

『反プーチン大統領の活動家が入院へ』で意見対立!

概説 ロシアのプーチン大統領に批判的な組織「開かれたロシア」に所属する活動家が病院に搬送されたことをアメリカメディアが報じています。 活動家は2015年にも重体となっており、現在は多臓器不全で人工呼吸器に繋がれ非常に難しい状況とのこと。 弁護士に…

『翁長沖縄県知事、基地移設反対で訪米も成果薄く』で意見対立!

概説 日本政府が米軍基地の一部を宜野湾市普天間から名護市辺野古へ移転する計画を進めていることへの反対を訴える目的で訪米した翁長雄志沖縄県知事でしたが、米国の有力者に会うことは実現しなかったと朝日新聞が報じています。 それどころか、同じ時期に…

『米国の尖閣諸島での対応の中国反発』で意見対立!

概説 2月3日に来日し、安倍首相と会談を行ったマティス米国防衛大臣が沖縄県の尖閣諸島を日米安保条約第5条の適用範囲であることを明言したことについて、中国外務省は反発しています。 中国外務省の陸慷報道官は「釣魚島およびその付属の島しょは古来より…

『現代自動車に続きサムスン電子やLG電子も米国に投資?』で意見対立!

概説 多くの自動車メーカーがトランプ大統領の圧力を受ける状況下、圧力を受ける前に米国への投資額を増やしたと噂される現代自動車に続き、サムスン電子までもが圧力を受ける前に米国への工場設立を推進していると韓国メディアが報じています。 サムスン電…

『白人女性が韓国人女性を殴打し「ホワイト・パワー」と叫ぶ?』で意見対立!

概説 米国・ロサンゼルスにあるコリアンタウン付近で、白人女性が韓国人老婆の顔面に拳を叩きつけました。そして、周囲に人だかりができると「ホワイト・パワー」と叫んだと中国メディアが伝えています。 韓国人老婆は血を流し、その場に倒れるほどの勢いで…

『日本政府、難民約500人受け入れ決定』で意見対立!

概説 今後5年間でレバノンとヨルダンに逃れたシリア人難民約100人(年約20人)を留学生として日本に受け入れ、またその配偶者や子供の帯同も認めることを日本政府が決定したと、朝日新聞が報じています。 留学生やその家族を含めればその規模は約500人と推…

『日本政府、米国の雇用増に貢献を検討』で意見対立!

概説 2月10日に開かれる日米首脳会談で、安倍首相は日本から米国への投資拡大などにより、米国の雇用創出に貢献する考えがあると報じられています。 1月28日に安倍首相とトランプ大統領が電話で話した際、安倍首相はトランプ氏から米国の雇用創出への…

『トランプ大統領、日中の為替政策を批判』で意見対立!

概説 2月10日に控える日米首脳会談を前に、トランプ大統領が日中の為替政策を批判しました。 トランプ氏は「他国は、通貨やマネーサプライ(通貨供給量)、通貨安誘導を利用し、我々を出し抜いている。中国がやっていることをみてみろ。日本がこの数年で…

『日本人の約78%が韓国を信頼できない』で意見対立!

概説 産経新聞社とFNNが合同世論調査を行った結果が公表されました。 韓国について 韓国を外交や経済活動の相手国として信頼できない 77.9% 韓国を外交や経済活動の相手国として信頼できる 17.0% 日韓合意について 韓国が守らないのではないかと懸念し…

『韓国・国定教科書に従軍慰安婦集団虐殺の記述あり』で意見対立!

概説 韓国教育省が2018年から中学校や高校で使用される予定の国定教科書の最終版の内容を発表しました。 産経新聞によると、2016年に見本を公開し、国民から意見を募って修正を進めてきたようで、旧日本軍により従軍慰安婦が集団虐殺されたという記述も盛り…

『少年法を18歳未満へ引き下げが妥当かで諮問』で意見対立!

概説 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを踏まえ、少年法の適用年齢も20歳未満から18歳未満に引き下げるのが妥当かどうか、法務省は法務大臣の諮問機関である法制審議会に対し、2月9日に諮問する方針であることが明らかとなりました。 結論が出る…

『THAAD問題で在韓米軍撤退の可能性』で意見対立!

概説 ジェームズ・マティス米国防長官が2月2日に訪韓し、在韓米軍駐留費用引き上げ問題もそうですが「THAAD問題」についても議論されるのではないかと推測されています。 現在、韓国次期大統領選挙で首位を走るのは親中・従北派の極左政治家と言われ、最大…

『従軍慰安婦被害者が安倍首相に謝罪を要求』で意見対立!

概説 1月中旬に行われた大統領候補者の支持率調査では上位には上がらなかったものの、大統領候補者である南景弼・京畿道知事が従軍慰安婦被害者の為の施設「ナヌムの家」を訪問し、従軍慰安婦被害者の声を聞きました。 南景弼氏によれば被害者は「安倍首相…

『東京都三鷹市保育園問題の控訴審判決』で意見対立!

概説 東京都三鷹市の認可保育園に子供が入れなかった女性(33歳)が当該市に60万円の損害賠償を求めて起こしていた裁判の控訴審判決が25日に出て、女性の訴えを退けました。 朝日新聞によれば女性は「市が保育所の整備を怠ったのは、保育が必要な幼児を保育…

『韓国大統領選挙候補者「日韓合意は必ず撤回」』で意見対立!

概説 1月中旬に行われた韓国大統領選挙候補者の支持率に関する世論調査で第3位の支持率を得ている京畿道城南市の李在明市長が日韓合意について言及しました。 李在明氏は「慰安婦の意向と違って合意された韓日慰安婦合意は最小限の法的要件も備えていない…

『米国国連大使「世界は米国に従え」』で意見対立!

概説 ニューヨーク・国連本部を訪れたニッキー・ヘイリー米国連大使の発言に注目が集まりました。 ヘイリー氏は「トランプ政権の目標は国連で価値観を示すことだ。わが国が価値観を示す方法とはわが国の強さを示し、声を上げ、同盟国を支持し、同盟国にも確…

『対馬観音寺仏像盗難事件の判決』で意見対立!

概説 2012年10月8日、長崎県対馬市・観音寺から長崎県指定有形文化財である「銅造観世音菩薩坐像」が、韓国人8人で構成される窃盗団により盗まれるという事件が起きる。 2013年1月29日、韓国人窃盗団の5人が窃盗などの容疑で韓国警察により逮捕、韓国国内…

『鴻海、シャープの次は東芝へ』で意見対立!

概説 シャープ買収で日本国内を騒然とさせた台湾・鴻海精密工業が、今度は経営難に陥っている東芝の一部事業への出資・買収に興味を示していると「東洋経済」が報じています。 郭台銘董事長は具体的な一部事業には言及しませんでしたが、戴正呉副総裁は半導…

『アメリカ・メキシコ国境の壁問題で首脳会談中止』で意見対立!

概説 メキシコからの不法移民を問題視し、メキシコとアメリカの国境に壁を作ると公言していたトランプ大統領ですが、「南部の国境で物理的な壁を直ちに建設する」とした大統領令に署名、現実に、それも早急に壁を建設する意向を示しています。 この壁の建設…

『韓国外務省当局者、従軍慰安婦問題に言及』で意見対立!

概説 韓国外務省当局者が従軍慰安婦問題に関して言及しました。 当該当局者は、日韓合意の趣旨は被害者が満足できる状況を作る事にあると指摘し、 これが実現されていない事、また被害者支援の事業も終わっていない事から、日本は10億円を支出したからとい…

『少女像騒動「韓国政府の関与困難」「努力はする」』で意見対立!

概説 従軍慰安婦に関する少女像が韓国・釜山の日本総領事館前に設置された問題について、韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相が言及しました。 黄氏は「基本的に民間で行っていることで、政府が関与するのは難しい状況」「重要な関心事であ…