意見対立ですよ!

意見対立ですよ!

たまに意見対立してない場合もあります。

政治

『東芝メモリ交渉で劣勢の鴻海精密工業の郭台銘会長が日本政府を批判』で意見対立!

概説 鴻海精密工業の郭台銘会長が日本政府を批判しました。 【経緯】 東芝は半導体事業を行う子会社『東芝メモリ』の売却先を検討 鴻海精密工業も名乗りを上げていた しかし、東芝は日米韓連合と優先的に交渉することを決断 【郭台銘会長の主張】 日本政府が…

【築地豊洲市場問題】『橋下徹が小池百合子都知事を批判』で意見対立!

はじめに 【概説】 小池百合子東京都知事が『豊洲移転・築地活用』方針を決定。 橋下徹氏が方針決定の方法などを批判 【橋下氏の主張】 結論や中身ではなく、今回の豊洲移転・築地活用方針決定のプロセスは完全にアウト。前回の市場の在り方戦略本部の議論か…

【半導体事業】『東芝メモリの売却先に韓国は不要の声が沸き』意見対立!

概説 【はじめに】 東芝は経営再建の一環として子会社の『東芝メモリ(半導体メモリ事業)』の売却先を検討している。 【売却時期】 東芝は子会社である『ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニー(米国原子力関連企業)』の巨額損失を穴埋めする…

【文在寅韓国大統領】『従軍慰安婦問題で日本へ謝罪を要求』で意見対立!

概説 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が従軍慰安婦問題について日本側に謝罪を要求しました。 【発言場所】 アメリカのワシントン・ポスト紙のインタビュー 【発言内容】 「前政権で行われた日本との慰安婦合意は韓国人、とりわけ被害者に受け入れられ…

『築地ブランドに拘る市場関係者と小池都知事』で意見対立!

概説 豊洲移転反対派の築地市場関係者や小池百合子東京都知事が拘る『築地ブランド』。 築地市場豊洲移転問題にも結果的に『築地ブランド』が大きな影響を与えました。 この問題で『築地ブランド』に拘る事や、そもそも『築地ブランド』に対して日本国民はど…

【小池都知事】『豊洲移転』『築地は市場機能を残して再開発』で意見対立!

はじめに 2017年6月20日、小池百合子東京都知事が市場問題にある程度の方針を固めたと報道されました。 市場問題の今後の予定を紹介します。 【市場問題の今後】 豊洲市場を工事(土壌汚染対策) 市場を築地から豊洲に移転 築地市場の再開発を行うが市場機能…

【内閣改造2017年夏】『噂される小泉進次郎の入閣』で意見対立!

はじめに 【内閣改造とは?】 閣僚の相当数を一度に入れ替えること 【内閣改造はいつ?】 2017年の夏にも行われる可能性がある 【内閣改造の経緯】 『改正組織犯罪処罰法の成立』『加計学園問題』『森友学園問題』『閣僚の不祥事(今村復興大臣など)』など…

【内閣改造2017年夏】『噂される橋下徹の入閣』で意見対立!

はじめに 【内閣改造とは?】 閣僚の相当数を一度に入れ替えること 【内閣改造はいつ?】 2017年の夏にも行われる可能性がある 【内閣改造の経緯】 『改正組織犯罪処罰法の成立』『加計学園問題』『森友学園問題』『閣僚の不祥事(今村復興大臣など)』など…

【2017年6月】『東京都民による都民ファーストの会への期待が微増も・・・。』で意見対立!

はじめに 【概説】 読売新聞社が2017年6月17・18日に全国世論調査を実施 【都民ファーストの会】 小池百合子東京都知事が代表を務める地域政党(東京都など国の一部で活動する政党) 同知事が主宰する政治塾『希望の塾』の運営団体でもあり、また東京都議会…

【2017年6月】『安倍内閣の支持率が不支持率を下回る結果』で意見対立!

概説 安倍内閣を支持する人より支持しない人の方が上回る結果になりました。 【はじめに】 2017年6月17・18日に毎日新聞が全国世論調査を実施 【安倍内閣の支持率】 36%(前回の5月調査から10ポイント減) 【安倍内閣の不支持率】 44%(前回の5月調…

【2017年6月】『安倍内閣の支持率が不支持率を下回る結果』で意見対立!

概説 安倍内閣を支持する人より支持しない人の方が上回る結果になりました。 【はじめに】 2017年6月17・18日に毎日新聞が全国世論調査を実施 【安倍内閣の支持率】 36%(前回の5月調査から10ポイント減) 【安倍内閣の不支持率】 44%(前回の5月調…

『強行採決』で意見対立!

概説 強行採決とは、「国会などで与野党による採決の合意が得られず、少数派の議員が審議の継続を求めている状況で、多数派の議員が審議を打ち切り、委員長や議長が採決を行うこと(出典:Wikipedia)」 簡単に言うと「審議継続を求める野党(少数派)の考え…

『小池百合子東京都知事 築地から豊洲への移転に傾く』で意見対立!

概説 小池都知事が築地市場から豊洲市場への移転を延期してから7ヶ月。 東京都庁幹部などに『豊洲移転』を軸として検討することを指示したと報道されています。 騒動の初めは豊洲移転はNOという声が多かったですが、次のように状況が変わっていきました。 …

『ロシアが日本の排他的経済水域(EEZ)内を同意なく海洋調査の疑い』で意見対立!

概説 2017年6月5日、海上保安庁の巡視船が北海道沖にてロシア籍の調査船(約2800トン)を発見。 日本の排他的経済水域(EEZ)内で同意を得ることなく海洋調査を行っていた可能性を指摘されています。 巡視船が発見した際、この調査船は海中にワイヤーの…

【双京構想】『上皇の長期間の京都滞在』で意見対立!

概説 『双京構想』とは「日本の大切な皇室の弥栄(※一層の繁栄)のために、皇室の方に京都にお住まいいただき、政治・経済の中心である「東京」と文化の中心である「京都」が我が国の都としての機能を双方で果たしていくこと(出典:http://www.city.kyoto.l…

『文部科学省事務次官による出会い系バー通い』で意見対立!

概説 出会い系バーとは『男女の出会いを提供する場所』ですが『売春・援助交際の温床』と指摘されることもあるなど、合法な店がある一方で違法性が認められる店もあるようです。 そんな出会い系バーに文部科学省事務次官を務めていた前川喜平さんが任期中に…

【安倍首相】『韓国人からの好感度が4%』で意見対立!

概説 韓国ギャラップが主要4カ国(米国・中国・日本・露国)首脳の好感度を韓国国内で調査したところ、次のような結果が発表されました。 中国:習近平国家主席(25%) 露国:プーチン大統領(13%) 米国:トランプ大統領(9%) 日本:安倍晋三首相…

『トランプ大統領がモンテネグロのマルコビッチ首相を押しのけて』意見対立!

概説 ブリュッセルで行われたNATO(北大西洋条約機構)の首脳会合で『押しのけ騒動』が発生しました。 首脳会合の際に記念撮影が行われたのですが、アメリカのトランプ大統領は最前列に出るため、モンテネグロのマルコビッチ首相を強引に手で押しのける…

『築地市場の30箇所から有害物質』で意見対立!

概説 2017年5月2日~5日に築地市場で土壌調査が行われ、その結果が発表されました。 調査方法は築地市場敷地内111箇所から土壌とガスを採取。 30箇所から基準値を超える有害物質が検出されたとのこと。 そのうちの1箇所からは基準値の1.8倍の水銀も検出され…

『高齢首長による公務以外での公用車使用』で意見対立!

概説 以下のような事例がありました。 香川県綾川町の藤井賢町長は3年前から通院や墓参りに運転手付きの公用車を使用 藤井賢町長は現在87歳と高齢で、全国でも最高齢の現職首長 綾川町は「公用車の使用は公務に限られる(出典:毎日新聞)」も、「藤井町…

秋田県青少年交流センター『韓国への高校生派遣を中止』で意見対立!

概説 秋田県青少年交流センターは2017年夏に予定されていた韓国・京畿道平沢市への高校生派遣を中止と発表しました。 『北朝鮮情勢の緊迫化』や『派遣先に従軍慰安婦に関する少女像が設置された』ことから教育上適切でないと判断したとのこと。 日本国民の反…

【反応】『日韓合意の再交渉の是非』で意見対立!

概説 韓国大統領選挙で文在寅(ムン・ジェイン)氏が当選。 大統領となった文在寅氏は反日として日本のメディアでも取り上げられるなど、日本に対しても強硬な姿勢を取る可能性が指摘されています。 日韓関係が険悪となっている大きな要因の1つ『従軍慰安婦…

『小池百合子東京都知事が宣言した東京大改革』で意見対立!

はじめに 小池百合子氏は『東京大改革』という政策を掲げ、東京都知事選挙に出馬。 見事当選を果たしたということになりますが、その『東京大改革』の内容を改めて簡単に紹介します。 ただし、2016年の東京都知事選挙時に掲げた内容であり、追加されたり変わ…

『憲法第9条に第3項を加え、自衛隊を明確に合憲とすることの賛否』で意見対立!

概説 安倍首相は憲法学者の7~8割の方は違憲と判断しているという状況を説明しつつ、現在の日本国憲法では自衛隊は合憲かどうかが明確ではないと主張。 そこで、現在2項までの憲法第9条に、自衛隊を明確に合憲とする内容の第3項を追加することで明確に…

【韓国大統領選挙】『文在寅(ムンジェイン)当確』で意見対立!

概説 朴槿恵(パククネ)前大統領が罷免されたことにより韓国大統領選挙が行われ、これまで支持率トップを走り続けてきた最大野党「共に民主党」所属の文在寅(ムンジェイン)(64歳)氏が当選確実となりました。 文在寅氏は『反日』『革新』『親北』と紹…

【2017年ゴールデンウィーク】『韓国旅行が大人気』で意見対立!

概説 従軍慰安婦像問題などで今年に入り今まで以上に日韓関係が悪化。 更に、北朝鮮問題で在韓邦人の救出の話がでるなど、朝鮮半島が緊張状態に。 しかし、このような状況の中でも2017年ゴールデンウィークの海外旅行先として韓国が大人気となっているようで…

【日韓】『日本海・東海 呼称問題』で意見対立!

概説 大陸(中国・ロシア・韓国など)と日本で挟んだ海を、世界では一般的に『日本海』と呼びます。 国連でも日本海が使われ、また国際的な海図(航海に必要な情報が記載された図)でも日本海が使われることが多い。 ただし、近年では韓国や北朝鮮が強く呼称…

『日本は本当に報道の自由が低いのか』で意見対立!

概説 世界には「言論の自由」や「報道の自由」の確保を目的としてジャーナリスト達が活動する『国境なき記者団』という非政府組織があります。 2002年以降(2011年を除いて)『世界報道自由ランキング』を作成・公開していることでも有名で、2017年も公開さ…

『翁長雄志沖縄県知事の長女・次女に関する噂は嘘だった』で意見対立!

概説 ネット上やSNSなどを中心に、翁長雄志沖縄県知事の娘さんに関するある噂が出回っています。 その1つが翁長知事の長女は「中国・上海の外交官と結婚」しているという噂。 更に、2つめとして次女が「中国に留学」しているという噂です。 大手検索サイト…

『関東大震災朝鮮人虐殺事件の真実』で意見対立!

概説 関東大震災朝鮮人虐殺事件とは、関東大震災の混乱の最中に日本人が朝鮮人などを虐殺したといわれる事件で、朝鮮狩りなどとも呼ばれています。 日本国内には大きく分けて3つの説があり、まずはウィキペディアにも記載されている説から紹介します。 この…

『日本国憲法の改正』で意見対立!

概説 日本国の最高法規であり、根本規則でもある日本国憲法。 日本国という国体を決める大きな要因の1つであるこの日本国憲法について、日本国民はどう考えているのか。 改正の必要があると考えているのか、それともそのままで良いと考えているのか。 憲法…

【アメリカ】『日本に対して自由貿易協定(FTA)の二国間交渉を要求』で意見対立!

概説 2017年4月18日。 東京で日米両政府による初めての「日米経済対話」が行われます。 日本からは麻生太郎副総理兼財務相、アメリカからはペンス米副大統領が参加。 初回ということもあり、関係閣僚の参加はありません。 前回の日米首脳会談では「日米経済…

小池百合子東京都知事の『決断力』で意見対立!

概説 小池百合子氏の都知事としての仕事はなにも「築地市場・豊洲移転問題」だけではないですが、『決断力の有無』を判断するにはちょうど良い問題と言えるでしょう。 注目度も1番高いので、現実として都民や日本国民はこれを材料に判断する人が多いのでは…

『築地市場改修案』で意見対立!

概説 築地市場・豊洲市場移転問題に新しい動きがあります。 小池百合子東京都知事が「築地市場から豊洲市場への移転及び市場のあり方に関する調査研究と知事への報告」について委託した東京都専門委員により構成される市場問題プロジェクトチーム(PT)の座…

『小池都知事による築地市場改修案の推進』で意見対立!

概説 築地市場から豊洲市場への移転問題について。 2017年4月8日、小池百合子東京都知事により「築地市場から豊洲市場への移転及び市場のあり方に関する調査研究と知事への報告」について委託された東京都専門委員により構成される市場問題プロジェクトチー…

【安倍昭恵夫人】寄付金騒動で反省も、普通の主婦強調

概説 2017年3月24日。 相変わらず安倍昭恵夫人に関する寄付金騒動などの対応に、朝から晩まで追われている安倍首相。 当の昭恵夫人は福岡県北九州市で講演を行いました。 昭恵夫人は講演の冒頭で涙ぐみながら「メディアに追っかけられなくてはいけないんだと…

【安倍昭恵VS籠池泰典】『100万円寄付騒動』で意見対立!

寄付金騒動 これまでのお互いの主張や国民の反応を紹介します。 騒動の理由 今回のケースは寄付金を渡すこと自体は法律的には問題がなく、つまり違法ではないと指摘されています。ただ、安倍首相は2017年2月21日に、森友学園への国有地の払い下げや小学校の…

【百条委員会】『石原元東京都知事の証人喚問に対する小池知事の反応』で意見対立!

概説 東京都議会は百条委員会を開き、石原慎太郎元東京都知事への証人喚問を実施。 石原氏は小池百合子東京都知事が都議会に諮ることなく独断で判断し、豊洲市場への移転を延期していると明確に批判。 専門家が問題ないという点、豊洲市場は維持費が掛かって…

【寄付金騒動】『安倍昭恵夫人が寄付を否定』で意見対立!

概説 森友学園の籠池理事長が設立を進めていた「瑞穂の國記念小學院」に関して、安倍総理から100万円寄付されたと籠池氏が主張していた寄付金騒動に進展がありました。これまでの経緯は講演会の際、昭恵夫人から安倍首相の名前で100万円を渡されたと籠池氏主…

【森友学園騒動】『寄付金騒動勃発!安倍昭恵夫人が小学校建設で寄付行為か?』で意見対立!

概説 森友学園騒動の渦中の人物である籠池理事長から、小学校の建設に関して安倍日本国総理大臣から100万円の寄付金があった旨が公表されました。安倍首相は2017年2月21日、森友学園への国有地の払い下げや小学校の認可、寄付金集めなどに関する関与を明確に…

『欧州初めての少女像がドイツに設置』で意見対立!

概説 ドイツ南部バイエルン州のヴィーゼント公園に従軍慰安婦に関する少女像が設置され、除幕式が行われました。 これにより、正式に欧州初めての少女像が誕生したことになります。 ドイツ在住の韓国系住民が主導したようです。欧州初めての少女像誕生に対す…

『安倍昭恵首相夫人が森友学園騒動への思いを告白』で意見対立!

概説 あるイベントに参加した安倍昭恵首相夫人は森友学園騒動に関して初めて次のように思いを告白しました。「いまなんでこういう立場になってしまって、なんでこんなに私は注目を集めてしまっているのだろうと、すごく戸惑っている」「再び総理夫人になって…

『築地市場からヒ素などの有害物質が検出』で意見対立!

概説 築地市場の敷地から1ℓあたり「0.024mgのヒ素(環境基準の2.4倍)」「1.3mgのフッ化物(環境基準の1.6倍)」が検出されていたことが明らかになりました。これは2013年5月~6月に行われた土壌調査結果で、読売新聞が東京都に情報公開請求をして初めて明ら…

『村上春樹の長編小説「騎士団長殺し」に南京大虐殺に関するセリフ』で意見対立!

概説 ノーベル文学賞を受賞するのではと毎年のようにファンの間で話題になる作家、村上春樹さん。その村上春樹さんの長編小説「騎士団長殺し」(新潮社)の中に、南京大虐殺に関するセリフが登場すると産経新聞が報道しています。内容は「おびただしい数の市…

『北朝鮮による弾道ミサイル発射』で意見対立!

概説 近年、朝鮮民主主義人民共和国が弾道ミサイルを発射し、周辺国が抗議するという行動を何度も繰り返しています。 また、その弾道ミサイルが日本のEEZ(排他的経済水域)に落下するというケースも。 このような状況に対して、日本国民はどう感じている…

【築地市場豊洲問題】石原慎太郎元東京都知事支持の声が沸く

概説 築地市場豊洲移転問題について『なぜ豊洲から有害物質が検出されながらも移転を決めたのか』という論点があります。これについて、石原慎太郎元東京都知事は会見で「専門家・専門部局・提言検討委員会・議会などが大丈夫と判断。専門家でもない自分はそ…

【築地市場移転問題】『豊洲の安全性』で意見対立!

概説 東京都江東区豊洲市場の土壌汚染問題に関して東京都はこれまでに9回地下水モニタリング調査を行っています。第8回目の調査結果では201箇所中2箇所から環境基準を上回る有害物質が検出。内容は1ℓあたりヒ素が最大0.019mg(基準値の1.9倍)、ベンゼン…

『東芝メモリ、過半数の株式売却に海外企業が興味を示す』で意見対立!

概説 経営再建の為、東芝は半導体事業の分社化を正式に決定しました。 分社する新会社の社名は「東芝メモリ」。 当初は株式の2割を売却する予定と報道されましたが、過半数を売却するようです。 新会社の経営権には拘らず、1兆円を超える資金調達により財…

『那覇空港の増設工事が尾長知事から許可が下りずに中断』で意見対立!

概説 沖縄県那覇空港の滑走路は1本のみ。 格安航空会社の参入などの影響で需要が増加していたこともあり時間によってはフル稼働という状況。 また1本のみでは何かあった時にどうするか、滑走路のメンテナンス時間が十分に確保できないなどでの問題も抱えて…

天皇・皇后両陛下のベトナム訪問に対する日本国民の反応

概説 2017年3月1日は天皇、皇后両陛下はベトナムを訪問しています。 国賓として招かれた両陛下は歓迎式典への参加、チャン・ダイ・クアン国家主席夫妻と共に会見、ベトナム建国の父と呼ばれるホー・チ・ミン氏の遺体が安置されている霊廟への供花、国家主席…